連載「頭痛の秘密がここまで解き明かされてきた」第17回

気をつけたい乳児・幼児・小児の「2次性頭痛」とは? 痛み止め薬を飲む前に専門医による診察を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気をつけたい子供(乳児・幼児・小児)の「2次性頭痛」とは? 痛み止めを飲む前に専門医による診察をの画像1

「頭が痛い」という子供の何気ない一言の中に「別の病気(2次性頭痛)」が隠れていることも(depositphotos.com)

 7〜8月、子供たちが長い夏休みになると、親御さんたちは彼ら・彼女らと接する機会が増え、「頭が痛い」といった何気ない一言にも気になるものです。そこで今回は、子供(乳児、幼児、小児)の頭痛について取り上げたいと思います。

 初めにみなさんにお伝えしたいことは、「頭が痛い」という子供の何気ない一言の中に「別の病気(2次性頭痛)が隠れていませんか?」ということです。片頭痛や緊張型頭痛(1次性頭痛)以外に、2次性頭痛についても、国際頭痛分類に記載されています。

 子供に注意しなければいけない2次性頭痛は以下の通り。

①感染症(髄膜炎、脳炎、敗血症など)による頭痛
②頭頸部外傷・傷害(頭部の打撲、むち打症など)による頭痛
③非血管性頭蓋内疾患(てんかん、低髄圧症、脳腫瘍など)による頭痛
④眼・耳・鼻・歯・口などの障害による頭痛や顔面痛

 その他、大人に多い病気、緊急を要しない2次性頭痛は以下の通りです。

⑤頭頸部血管障害(クモ膜下出血、脳梗塞など)による頭痛
⑥物質(医薬品、一酸化炭素中毒、アルコール離脱など)による頭痛
⑦ホメオスターシス障害(睡眠時無呼吸、高山病、潜水病など)による頭痛
⑧精神疾患(うつ病、心身症など)による頭痛

 国際頭痛分類では、2次性頭痛は上記の8種類に分かれます(国際頭痛分類2013引より)。

西郷和真(さいごう・かずまさ)

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授、近畿大学医学部附属病院神経内科。1992年、近畿大学医学部卒業。近畿大学附属病院、国立呉病院(現国立呉医療センター)、国立精神神経センター神経研究所、米国ユタ大学博士研究員(臨床遺伝学を研究)、ハワードヒューズ医学財団リサーチアソシエイトなどを経て、2003年より近畿大学神経内科学講師および大学院総合理工学研究科講師(兼任)。2015年より現職。東日本大震災後には、東北大学地域支援部門・非常勤講師として公立南三陸診療所での震災支援勤務も経験、2014年より現職。日本認知症学会(専門医、指導医)、日本人類遺伝学会(臨床遺伝専門医、指導医)、日本神経学会(神経内科専門医、指導医)、日本頭痛学会(頭痛専門医、指導医、評議員)、日本抗加齢学会(抗加齢専門医)など幅広く活躍する。

西郷和真の記事一覧

西郷和真
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆