連載「頭痛の秘密がここまで解き明かされてきた」第17回

気をつけたい乳児・幼児・小児の「2次性頭痛」とは? 痛み止め薬を飲む前に専門医による診察を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気をつけたい子供(乳児・幼児・小児)の「2次性頭痛」とは? 痛み止めを飲む前に専門医による診察をの画像1

「頭が痛い」という子供の何気ない一言の中に「別の病気(2次性頭痛)」が隠れていることも(depositphotos.com)

 7〜8月、子供たちが長い夏休みになると、親御さんたちは彼ら・彼女らと接する機会が増え、「頭が痛い」といった何気ない一言にも気になるものです。そこで今回は、子供(乳児、幼児、小児)の頭痛について取り上げたいと思います。

 初めにみなさんにお伝えしたいことは、「頭が痛い」という子供の何気ない一言の中に「別の病気(2次性頭痛)が隠れていませんか?」ということです。片頭痛や緊張型頭痛(1次性頭痛)以外に、2次性頭痛についても、国際頭痛分類に記載されています。

 子供に注意しなければいけない2次性頭痛は以下の通り。

①感染症(髄膜炎、脳炎、敗血症など)による頭痛
②頭頸部外傷・傷害(頭部の打撲、むち打症など)による頭痛
③非血管性頭蓋内疾患(てんかん、低髄圧症、脳腫瘍など)による頭痛
④眼・耳・鼻・歯・口などの障害による頭痛や顔面痛

 その他、大人に多い病気、緊急を要しない2次性頭痛は以下の通りです。

⑤頭頸部血管障害(クモ膜下出血、脳梗塞など)による頭痛
⑥物質(医薬品、一酸化炭素中毒、アルコール離脱など)による頭痛
⑦ホメオスターシス障害(睡眠時無呼吸、高山病、潜水病など)による頭痛
⑧精神疾患(うつ病、心身症など)による頭痛

 国際頭痛分類では、2次性頭痛は上記の8種類に分かれます(国際頭痛分類2013引より)。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子