「死にたい」の書き込みは自殺の前触れ? 米国・中高生の約6%「ネット自傷行為」を経験

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「死にたい」の書き込みは自殺の前触れ? 米国・中高生の約6%「ネット自傷行為」を経験の画像1

「ネット自傷行為」も実際の自殺の前触れである可能性が(depositphotos.com)

 神奈川県座間市で発生した男女9人が犠牲になった殺人事件では、twitterで「死にたい」などとつぶやいた人が、容疑者のターゲットとなった。

 「ネット上で自殺願望をつぶやく行為」が、リアルな現実で最悪の事態をもたらしたこの事件は、ネットのあり方そのものに課題を突きつけた。

 そんな中、アメリカで「ネット自傷行為」というショッキングな言葉を定義する論文が、『Journal of Adolescent Health』(9月18日オンライン版)に掲載された。

中高生の約6%に「ネット自傷行為」の経験

 この論文によると、「ネット自傷行為」とは「実際に身体を傷つける自傷行為」をネット配信するわけではなく、「ソーシャルメディアやゲーム、WEBフォーラム、メールなど、あらゆるネットワーク上の環境で『自虐的な内容』を投稿したり送信したりすること」だという。

 上記のように定義し、それを裏付ける研究を実施したのは、米フロリダ・アトランティック大学ネットいじめ研究センターのSameer Hinduja氏らである。

 研究の結果、2016年に12〜17歳の中高生5593人のうち「約6%」に「ネット自傷行為」の経験があることが明らかになったという。

妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆