「死にたい」の書き込みは自殺の前触れ? 米国・中高生の約6%「ネット自傷行為」を経験

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「死にたい」の書き込みは自殺の前触れ? 米国・中高生の約6%「ネット自傷行為」を経験の画像1

「ネット自傷行為」も実際の自殺の前触れである可能性が(depositphotos.com)

 神奈川県座間市で発生した男女9人が犠牲になった殺人事件では、twitterで「死にたい」などとつぶやいた人が、容疑者のターゲットとなった。

 「ネット上で自殺願望をつぶやく行為」が、リアルな現実で最悪の事態をもたらしたこの事件は、ネットのあり方そのものに課題を突きつけた。

 そんな中、アメリカで「ネット自傷行為」というショッキングな言葉を定義する論文が、『Journal of Adolescent Health』(9月18日オンライン版)に掲載された。

中高生の約6%に「ネット自傷行為」の経験

 この論文によると、「ネット自傷行為」とは「実際に身体を傷つける自傷行為」をネット配信するわけではなく、「ソーシャルメディアやゲーム、WEBフォーラム、メールなど、あらゆるネットワーク上の環境で『自虐的な内容』を投稿したり送信したりすること」だという。

 上記のように定義し、それを裏付ける研究を実施したのは、米フロリダ・アトランティック大学ネットいじめ研究センターのSameer Hinduja氏らである。

 研究の結果、2016年に12〜17歳の中高生5593人のうち「約6%」に「ネット自傷行為」の経験があることが明らかになったという。

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行