「死にたい」の書き込みは自殺の前触れ? 米国・中高生の約6%「ネット自傷行為」を経験

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「死にたい」の書き込みは自殺の前触れ? 米国・中高生の約6%「ネット自傷行為」を経験の画像1

「ネット自傷行為」も実際の自殺の前触れである可能性が(depositphotos.com)

 神奈川県座間市で発生した男女9人が犠牲になった殺人事件では、twitterで「死にたい」などとつぶやいた人が、容疑者のターゲットとなった。

 「ネット上で自殺願望をつぶやく行為」が、リアルな現実で最悪の事態をもたらしたこの事件は、ネットのあり方そのものに課題を突きつけた。

 そんな中、アメリカで「ネット自傷行為」というショッキングな言葉を定義する論文が、『Journal of Adolescent Health』(9月18日オンライン版)に掲載された。

中高生の約6%に「ネット自傷行為」の経験

 この論文によると、「ネット自傷行為」とは「実際に身体を傷つける自傷行為」をネット配信するわけではなく、「ソーシャルメディアやゲーム、WEBフォーラム、メールなど、あらゆるネットワーク上の環境で『自虐的な内容』を投稿したり送信したりすること」だという。

 上記のように定義し、それを裏付ける研究を実施したのは、米フロリダ・アトランティック大学ネットいじめ研究センターのSameer Hinduja氏らである。

 研究の結果、2016年に12〜17歳の中高生5593人のうち「約6%」に「ネット自傷行為」の経験があることが明らかになったという。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛