脳卒中を引き起こす10の原因~すべて取り除けば、発症の9割を防ぐことに

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
269726339.jpg脳卒中は10の原因で起きる?(shutterstock.com)

 がん、心疾患、肺炎に次いで、日本人の死因のワースト4位となっている脳卒中。

 2014年度の厚生労働省の統計データによると、日本人の9%が脳血管疾患(脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など)で亡くなっている。発症すれば一命を取り留めたとしても、重い後遺症が残ることのある怖い病気だ。

 ある日突然に脳の中で起きるように見える脳卒中だが、じつは全身の動脈硬化が引き起こす血管の病気だ。これを防ぐためには、加齢による動脈硬化をさらに加速させる「リスク因子」をひとつずつ取り除くことが鍵になる。

 「世の中の脳卒中の大部分は予防できる」ことが、英医学誌『The Lancet』(オンライン版)に掲載された研究で明らかになった。

 全脳卒中の90%が、適切に管理すれば取り除けるたった10個のリスク因子によって発症しているというのである。

脳卒中の因子は「高血圧」が飛び抜けて危険!

 今回の研究は、脳卒中のリスク因子について以前から研究をしていたマクマスター大学(カナダ、ハミルトン)公衆衛生研究所(PHRI)臨床准教授のMartin O’Donnell氏らによって行われたもの。

 「運動不足」や「喫煙」などの要因を排除することで、脳卒中がどのくらい減少するかを調べるため、特定のリスク因子による脳卒中発症率を検討した。

 調査対象は北南米、欧州、中東、アフリカ、アジア地域の国々とオーストラリアなど、全大陸の約2万7000人。このうち1万3000人余りが脳卒中の患者だった。

 アジアからは中国、インド、パキスタン、フィリピン、タイ、マレーシアが参加しているが、日本人のデータは含まれていないという。

 その結果、脳卒中にとって最も危険な因子は「高血圧」だということが判明。高血圧を改善することができれば、脳卒中リスクは約48%も低下すると推定される。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆