シリーズ「病名だけが知っている脳科学の謎と不思議」第7回

サヴァン症候群の超絶記憶力は障害か才能か? 人の「脳」に眠っている驚異の潜在能力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5236-2.jpg

サヴァン症候群には驚異の記憶力を持つ人も(shutterstock.com)

 9000冊の本の内容をすべて覚える。モーツァルトの曲をいちど聞いただけで完璧に弾ける。数十年後の何月何日は何曜日かを言い当てる。際限もなくひたすら詩を書く。1日19時間も絵を描き続ける。数カ国語を自由に読み書き話す……。

 サヴァン症候群は、人知を遥かに超えた卓抜した才分を持ちながらも、QOL(生活の質)やADL(日常生活自立度)が著しく阻害されるのが特徴だ。

 日本人のサヴァン症候群といえば、漂流画家の山下清が有名だ。見た景観や印象をそのまま映像として記録するカメラ・アイの能力があったため、旅先の記憶を障害者施設や実家に持ち帰り、絵を描き起こした。また、2012年にTBS系でオンエアされた『ATARU』はサヴァン症候群がテーマのドラマ。中居正広さん扮するチョコザイ君こと猪口在(あたる)は、サヴァン症候群の特殊な嗅覚と鑑識眼で犯罪事件を次々と解決した。

語源はイディオ・サヴァン(賢い白痴)

 その発見は、1887年、イギリスのロンドン――。眼科医ジョン・ランドン・ダウンの診察室に、ある患者が訪れた。名を仮にジョーンズとしよう。ジョーンズは年齢不詳で、トラホームか白内障か飛蚊症か、愁訴も不明だ。

 しかし、ダウン医師は度胆を抜かれる。驚いたことに、何冊もの書籍をいちど読むだけですべてを覚える。さらに驚いたことに、何と逆からも読み上げる。ジョーンズは並外れた天賦の神業を持って生まれのだ。

 ダウン医師は、ジョーンズの奇才はイディオ・サヴァン(idiot savant=賢い白痴)ではないかと考える。フランス語で、イディオは「白痴」、サヴァンは「賢い」の意味だ。だが、「白痴」が差別的なニュアンスを臭わせるため、ダウン医師はサヴァン症候群と命名した。

「がん免疫療法」の情報が氾濫~正しい知識を得るのが<がん克服>のカギ
インタビュー 進行がんは「免疫」で治す 第1回 昭和大学教授 角田卓也

<第4の治療>として注目されている「がん免疫療法」。がん免疫療法の最前線で研究を続けてきたエキスパートである昭和大学の角田卓也教授に、その種類と効果、実績などを元に、一般の人が「正しく治療法を選ぶための知識」について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘