ADHDのドライバーは事故死が多い?トレーニングアプリで危機感知能力を改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ADHDドライバーは「携帯ながら運転」並みに危険? 待望の<アプリで危機感知を改善>の画像1

トレーニングでADHD患者の交通事故が減るという実験結果が(depositphotos.com)

 日本では20年ほど前から社会的な注目を集めるようになった発達障害の一つ「ADHD(注意欠如多動性障害)」。注意不足でそわそわと落ち着きがなく、突然気分が変わりやすい、キレやすいなどの特徴がある。

 生まれつき脳内の神経伝達物質のバランスが悪いため、中枢神経の機能に何らかの障害が発生するという説があるが、はっきりした原因はまだ解明されていない。

 子どもの有病率は3~7%で男性に多く、かつては成人期になると症状が落ち着いて目立たなくなるともいわれていた。しかし今では、その半数以上が成人期になってからも症状が続くということがわかってきた。いわゆる<大人のADHD>だ。

 多動で衝動性があるということは、裏を返せば、好きな分野や得意分野で独自の視点や発想力に繋がるポジティブな側面もある。アインシュタインやエジソン、ピカソなど、偉人として語り継がれる人にはADHDの特徴を示すエピソードが少なくない。

 ただ、日常的生活においては、注意力が持続しない性質は何かと不都合が多い。症状のない人と比較すると「事故に遭うリスクも高い」と指摘されているのだ。

ADHDの危険度は「携帯ながら運転」並み?

 

 2015年に世界的な医学雑誌『Lancet』に掲載された、デンマークでの192万人を対象にした大規模調査によると、ADHDがある人が早死にする率は、ADHDがない人に比べると、子どもで約2倍、18歳以上の大人で約4倍になった。

 詳細は不明だが、ADHDの死亡者のうち、死因がわかっている人の多くが「事故死」だったという。

 特にADHDを有する人が自動車事故を起こすリスクが高いことについては、過去のいくつかの研究がそれを指摘している。

 たとえば、2014年に『JAMA Psychiatry』で発表されたスウェーデンの研究。ADHDのある1万7000人超のデータを調べたところ、自動車事故を起こすリスクが男性では通常の1.47倍、女性では1.45倍になることがわかっている。

 また、男性の場合は投薬で58%の減少が見込めるものの、女性には違いが見られなかったという。

 ほかには、2013年の米医学誌『JAMA Pediatrics』に掲載された米シンシナティ小児病院医療センターのMegan Narad氏らによる報告では、未成年でADHDを有する人の運転は、「携帯電話ながら運転」と同等の危険度だと報告している。

 さらに、運転中の携帯電話の使用による自動車事故リスクの増加は、ADHDの若者で特に顕著だったという。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆