アンダーヘアの処理で性病に感染!?<陰毛を頻繁に処理する人>ほど性行為の回数が多い?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
495464437.jpg<陰毛を頻繁に処理する人>は性感染症のリスクが高い?(shutterstock.com)

 日本でも市民権を得つつある、ブラジリアンワックスなどを用いた<体毛処理>。元AKB48の高橋みなみさんがラジオ番組のなかで、ブラジリアンワックスを使ったアンダーヘアの処理について語り、話題を呼んだこともある。

 アンダーヘアの処理は、アメリカ人女性の実に6割超が「陰毛全体」を除毛している――。そんな統計結果もあるほどポピュラーだ。
*関連記事「アンダーヘア事情に変化!~米国女性の6割超が「陰毛」を“全処理”するセクシャルな理由とは?」

 ところが、<陰毛を頻繁に処理する人>は、ヘルペスやヒトパピローマウイルス(HPV)、梅毒などの性感染症のリスクが3~4倍であることが、新たな研究で示された。

 「処理の頻度が高い人や、陰毛を残らず除去している人ほどリスクが高かった」と、研究を率いた米テキサス大学泌尿器科外科助教授のCharles Osterberg氏は述べている。

 この研究は『Sexually Transmitted Infections」(2016年12月5日オンライン版)に掲載されたが、陰毛処理と性感染症の因果関係は明らかにされていない。

<頻繁に処理をする人>ほど性行為の回数が多い

 Osterberg氏によれば、「清潔さや美容の面で体毛に対する認識が変わってきたことにより、陰毛の手入れや除去は男女ともに世界的に広まりつつある」という。

 今回の研究では、18~65歳の米国人7580人を対象に、陰毛処理の習慣、性行動、性感染症の既往について調査。すると、約4人に3人(74%)が陰毛を処理したことがあると回答。女性は男性よりも処理の経験がある人が多かった(女性84%、男性66%)。

 陰毛を処理している人のうち、17%が「極度」に分類され、年に12回以上、陰毛を残らず除去。22%は「高頻度」に分類され、1~7日に1回、陰毛の手入れをしていた。10人に1人は両方の区分に入っていた。

 その結果、極度の処理をしている人は性感染症になるリスクが4倍であり、高頻度の処理をしている人は3.5倍であることがわかった。

 米インディアナ大学医学部教授のDennis Fortenberry氏は、「処理によって皮膚に小さな傷ができるために、病原体が入りやすくなる」との考えを示している。一方、Osterberg氏は、<頻繁に陰毛処理をする人>ほど性行為の回数が多いため、性感染症リスクも高いのではないかと指摘している。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆