連載「病理医があかす、知っておきたい「医療のウラ側」」第19回

梅毒は知的能力を高める? 数多くの文学者・芸術家たちを悩ませた梅毒史

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
44393905.jpg

梅毒を引き起こす梅毒トレポネーマ(depositphotos.com)

 日本で20代女性に梅毒が急増している。国立感染症研究所によると、2010年以降梅毒の報告数は増加傾向に転じており、昨年の感染者数は42年ぶりに4000人を超えた。

 梅毒は、スピロヘータの1種である「梅毒トレポネーマ」によって発生する感染症だ。その昔、数多の文学者・芸術家を悩ませたため「文明病」と捉えられたこともあった。

 ハンセン・フレネの言によれば、「特別に恵まれた頭脳を持つ梅毒患者は、知的能力が異常に上昇し、並外れた作品を残すことがある――」。この<梅毒天才説>にエビデンスを求めることは永遠に難しそうだ。

 クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸から梅毒をヨーロッパ大陸に持ち帰ったのが1493年。その1年後、母国スペインのみならず、フランス・イタリアなどヨーロッパの国々を猛烈な勢いで梅毒が席巻した。

 現在、梅毒は慢性感染症の代表的疾患だが、流行の当初、多くの人が死に至る急性の病気だった。

 ルネサンス期の西洋では、<梅毒は美男・美女の勲章>のようにみなされていた。この不治の病は、ボードレール、モーパッサン、フローベール、ハイネ、ドーデ、ドストエフスキー、ニーチェ、ゴーギャン、マネ、シューマンといった数多くの文学者・芸術家たちを悩ませた。ベートーヴェンの梅毒説も根強い。

 ちなみに、日本の文学者・芸術家には梅毒より結核が多い。18~19世紀に佳人薄命、天才の病とされたのは結核だった。

 1512年、コロンブスがヨーロッパに梅毒を持ち帰ったわずか19年後、梅毒は琉球王国(沖縄)そして長崎へと広がった(京都の竹田秀慶が「月海録」に唐瘡として記述)。その後、わずか1年でこの<性行為感染症>は北日本まで到達した。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子