緊急提言:新型コロナウイルス検査が必要な理由とパンデミックを抑えることの意義

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
緊急提言:新型コロナウイルス検査が必要な理由とパンデミックを抑えることの意義の画像1

パンデミック意識の低すぎる日本!

 新型コロナウイルスに対するPCR検査を広く行えるようにすることに対して賛否両論の意見が出ています。ちなみに筆者は一刻も早くPCR検査が日本中で行えるようにすべきという考えです。一歩ゆずって、「誰にでも希望者には検査を実施するには反対」(私はそうではありません)としても、だからと言って検査体制を整えなくていいということにはまったくなりません。

 現在の日本でどのぐらい新型コロナウイルス感染が広がっているかを把握して報告することは絶対必要です。全国に登録されている感染症の定点観測医療機関では最低限検査すべきです。

「治療法がなくて軽症が多いから」検査しなくてよいというのは間違いです。

 今は感染の拡大を可能な限り抑えて、重症患者さんや亡くなられる方の数を減らさなければいけない時期なわけで、そのためには検査で陽性の人には、他の人に移さない努力をしてもらわなければいけないし、日本中に蔓延していることが検査結果という数字で明らかになれば、国民の多くが納得して行動自粛をできるでしょう。

 もちろん、診療所に陰性証明のために軽症患者さんが押し寄せて、医療現場が破たんすることを恐れる気持ちはわかりますが、感染症対策の本筋からはかけ離れた理由づけです。それにはそれの対策をとればいいことであって、そんな理由のために検査をしないなどというのは全く理屈が通りません。

厚労省は希望者がだれでも検査を受けられる体制を

 次に大きな問題を忘れています。
 それは第一線で診療にあたっている医療従事者の検査です。多くの内科医はインフルエンザを含む風邪の患者さんと並行して多くの高齢者、糖尿病、高血圧、心疾患等、新型コロナウイルス感染を起こすとリスクが高いと思われる多くの患者さんの診療を行っています。

 一般診療所で新型コロナウイルス感染の疑いのある方を見るようになれば、医療従事者が感染する可能性は相当高くなります。われわれ医療従事者が一番心配していることは、このような感染弱者にウイルスを移してしまうことです。これは最悪の事態で、なんとしても避けなければいけません。

 ですから医療関係者が発熱や風邪症状がでたら、いち早く新型コロナウイルス感染でないことを突き止めなければなりません。これは日本中の第一線で診療にあたっているすべての医療機関で言えることです。これをいちいち保健所の許可をいただいて、所定の検査施設に出向いて検査をしているのでは到底間に合いません。

 厚生労働省はいち早く、民間検査会社で新型コロナウイルスの検査ができるようにする義務があります。検査を受ける優先順位は、医療関係者、福祉関連の方々、市町村の担当者そのほか高齢者と接触の機会の多い職種の方々などです。いちいち、厚労省が優先順位や線を引くのではなく(官僚の方はいかにもそういうことをやりそうですが)、だから希望者はだれもが検査を受けられる体制をとらなければなりません(できれば国が今が一番大切だと宣言しているこの1-2週間の内に)もう猶予はありません)。

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行