国民に行動自粛を求める前に、反省点を明確にし説明責任を果たせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img_1589799511.jpg

第二波に向けて反省点を明確にせよ!

 私、ごく普通の一般人です、政治信条も左右どちらでも在りませんが、昨今の感染研(注1)や専門家会議(注2)の新型コロナ問題の対応振りや談話に憤懣やる方ない想いが募り、適当ではないとは知りつつ、この場をお借りして愚直を言わさせて頂きます。決して建設的意見ではないのでそのつもりでお読み頂ければと存じます。

 ところで、この二つの組織が日本の今の厚生行政を担っているかと思うと暗然とする、クラスター追及が限界と見るや従来方針を変えてくる、それにより人命救助に当たる臨床現場や自治体行政がどれ程影響を受けて来ことか。我が埼玉県でも従来の方針通りに自宅待機していたお二方が亡くなられた、その直後に厚労大臣から自宅待機の方針を止め、原則ホテル等然るべき宿泊施施での待機とする談話があった、もっと早くからそうで在ったら死ななくて済んだ命だ。

PCR検査を絞ったのは、大失敗の選択だ

 この国は人が死なないと動かないのか、結果的にお二方が死を以て国を動かした構図だ。そもそも「四日縛り」・「保健所経由で帰国者接触者外来受診」、それまでしてPCR検査を絞ったのは、何処の誰だ。臨床に長けた医師が関与しているとは到底思えない、人命救助の欠片も感じられない悪方針と云わざるを得ない。コロナ陽性率が低い程、死亡率も低いとの疫学的視点、前提はより多くのPCR検査数が母数であることでしょう。検査が多ければ早期に感染者の対処が出来ることと、自身気が付かずコロナウィルスのキャリアになるケースを防げるので結果的に感染者増の抑制に繋がる。

 このくらいは素人でも想像できる、因って死亡者は減るだろう。これと真逆を国民に強いてきたのが専門家会議と感染研でないのか。コロナ問題の最中に結果論に基づく責任追及をしていると言わないで欲しい。犠牲者が出る以前に身近に真似るべき良い事例があったのに、口惜しいの一言に尽きる。

 コロナ問題当初から、専門家会議以外の専門家や臨床医が異口同音にPCR検査数を増やす事、発熱外来を設置する事を言っていたにも関わらず頑なに拒み続けたのは何故だ。まさかコロナ騒動の今を感染症学の検証の場と考えてはいなかったでしょうね。我々一市民にとって感染症学などどうでも良い。正確に言うと眼前の人命救助が先でその延長線上に在り、より多くの人命救助を旨とする感染症学で在って欲しい。

 医薬も医療環境も脆弱な明治時代とは訳が違う、やっていること古すぎる手法でないのか、病理は別だが最もAIがとって代わり得る分野でないのかと思う、違うでしょうか。
専門家会議はPCR検査を絞った理由を医療施設の混乱を招くとしていたが、この節何でもない人は寧ろ医療施設に近寄らない、熱が有る人はどのみち行ってしまう、この人が自覚無きコロナ感染者だとしたら院内感染は必至だ。この方針は現状を鑑みれば大失敗だ。

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行