「生活習慣/アレルギー」の記事一覧

6割以上が経験している短期の国民病〝正月太り〟を防ぐ三大秘策とは!?

どうやら“休暇太り”に国境はないようだ。先程、米国栄養・食事療法学会(Academy of Nutrition and Dietetics)が公表したアンケート結果では「休暇中のごちそうで米国人の体重は平均0.5~1kg増加する」傾向が判明したという。 そこで同協会が…続きを読む

6割以上が経験している短期の国民病〝正月太り〟を防ぐ三大秘策とは!?

脳に微弱電流を流してかゆみを止める研究に大きな可能性が!

痛みを抑えるための薬は「鎮痛剤」という。薬物に詳しくない人間でも、鎮痛剤を注射すれば痛みが軽くなることは知っている。痛みで眠れないとき、鎮痛剤の効果は劇的である。ぐっすり眠ることで、体力が回復し、療養生活に大いにプラスになる。 では、痒みを抑えるための特効薬はあるのだ…続きを読む

脳に微弱電流を流してかゆみを止める研究に大きな可能性が!

朝型勤務「ゆう活」がスタート! しかし、仕事やライフスタイル、あるいは健康にメリットはあるか?

7月1日から各省庁で、朝型勤務「ゆう活」が導入された。いわゆるサマータイムとは何が違うのだろう? サマータイムとは、全国の時計の針を一斉に進めることで朝の早い時間に活動を始め、夕方から夜の長い時間を有効に使おうというもの。省エネにも役立ち、消費の活性化にもつながるとい…続きを読む

朝型勤務「ゆう活」がスタート! しかし、仕事やライフスタイル、あるいは健康にメリットはあるか?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆