「生活習慣/アレルギー」の記事一覧

6割以上が経験している短期の国民病〝正月太り〟を防ぐ三大秘策とは!?

どうやら“休暇太り”に国境はないようだ。先程、米国栄養・食事療法学会(Academy of Nutrition and Dietetics)が公表したアンケート結果では「休暇中のごちそうで米国人の体重は平均0.5~1kg増加する」傾向が判明したという。 そこで同協会が…続きを読む

6割以上が経験している短期の国民病〝正月太り〟を防ぐ三大秘策とは!?

脳に微弱電流を流してかゆみを止める研究に大きな可能性が!

痛みを抑えるための薬は「鎮痛剤」という。薬物に詳しくない人間でも、鎮痛剤を注射すれば痛みが軽くなることは知っている。痛みで眠れないとき、鎮痛剤の効果は劇的である。ぐっすり眠ることで、体力が回復し、療養生活に大いにプラスになる。 では、痒みを抑えるための特効薬はあるのだ…続きを読む

脳に微弱電流を流してかゆみを止める研究に大きな可能性が!

朝型勤務「ゆう活」がスタート! しかし、仕事やライフスタイル、あるいは健康にメリットはあるか?

7月1日から各省庁で、朝型勤務「ゆう活」が導入された。いわゆるサマータイムとは何が違うのだろう? サマータイムとは、全国の時計の針を一斉に進めることで朝の早い時間に活動を始め、夕方から夜の長い時間を有効に使おうというもの。省エネにも役立ち、消費の活性化にもつながるとい…続きを読む

朝型勤務「ゆう活」がスタート! しかし、仕事やライフスタイル、あるいは健康にメリットはあるか?
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太