「生活習慣/アレルギー」の記事一覧

アレルギー症状を抑える7種類のハーブとは? 子供たちにオススメの自然代替療法

春は1年のうちで最も爽やかで気持ちの良い季節。しかしその一方、日本では春の風に乗って花粉やPM2.5、黄砂などが飛散し、アレルギー体質の人にとってはつらい時期でもある。また、近年は大人だけでなく、子どものアレルギー患者も増加しているという。多くの親が副作用の心配がある処方薬…続きを読む

アレルギー症状を抑える7種類のハーブとは? 子供たちにオススメの自然代替療法

ステロイドの副作用は? 依存症が怖い?

いよいよ本格的な花粉症の季節が到来する。耳鼻咽喉科やアレルギー科を受診すると処方される抗ヒスタミン薬。この薬の中には、ステロイド剤が含まれているものがある。 いわゆる「ステロイド」は、ステロイドホルモンを配合した薬品だ。花粉症や気管支喘息、アトピー性皮膚炎など、さま…続きを読む

ステロイドの副作用は? 依存症が怖い?

"一日ひとかけのチョコ"が心疾患や脳卒中のリスクを軽減?

街のあちこちのショーウインドウに、おいしそうなチョコレートが並ぶ「バレンタインデー」の季節。しかし中にはもらっても「甘すぎる」「太るから」「肌が荒れる」と、あまり手をつけない人がいるかもしれない。 だが待って欲しい。チョコレートの原料であるカカオは、古代の王族たちの間…続きを読む

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波