錠剤で“ダニ”アレルギーを治す~「舌下免疫療法」で自宅治療が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
housedustmite.jpg

通年性鼻炎の原因の9割がダニ(shutterstock.com)

 花粉症の時季が過ぎても鼻がグスグス。通年、鼻炎に悩まされている人がいる。

 もしかすると、その不調の原因は、室内に巣くっているダニが関係しているかもしれない。

 アレルギー性鼻炎の主な症状は、くしゃみと鼻水、鼻づまり。花粉症とは異なり、年中こうした症状がある。

 そんな通年タイプのアレルギー性鼻炎の患者は、年々増加傾向にあり、とりわけ10~20代の若者に多い。『鼻アレルギー診療ガイドライン』(監修・馬場廣太郎、2009年版)によると、通年性鼻炎は10~19歳で36.6%、20~29歳で36.8%。約4割を占める。

 そして、驚くことに、その原因の9割以上がダニという。

ハウスダストにはダニの死がいや糞が……

 アレルギー性鼻炎はどうして起るのか?

 抗原(花粉やハウスダストなど)が鼻に入ると、体のなかに抗体(IgE抗体)が作られる。これが鼻の粘膜の肥満細胞(マスト細胞)というアレルギーを発症する細胞に付いて待機する(感作)。

 この状態で再度、体に抗原が入り、抗体に反応してヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質が放出され、さまざまな症状が起こる。アレルギー反応が起きるのかどうかは、その人の体質にもよる。だが、ダニやスギ花粉では、50%の人が感作されているというデータもある。

 アレルギー性鼻炎患者の各種アレルゲンのIgE抗体の陽性率(2002年の調査)は、ハウスダスト(65.9%)と最も多く、ヤケヒョウダニ(63.1%)、スギ(57.1%)が上位を占める。

 ハウスダストは、目に見えない小さなほこりのこと。室内で発生するハウスダストには、ダニの死がいや糞などがまとわりつく。アレルゲンとなるのは、そのほかにもペットの毛やカビ、細菌、花粉などさまざまだ。

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘