錠剤で“ダニ”アレルギーを治す~「舌下免疫療法」で自宅治療が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
housedustmite.jpg

通年性鼻炎の原因の9割がダニ(shutterstock.com)

 花粉症の時季が過ぎても鼻がグスグス。通年、鼻炎に悩まされている人がいる。

 もしかすると、その不調の原因は、室内に巣くっているダニが関係しているかもしれない。

 アレルギー性鼻炎の主な症状は、くしゃみと鼻水、鼻づまり。花粉症とは異なり、年中こうした症状がある。

 そんな通年タイプのアレルギー性鼻炎の患者は、年々増加傾向にあり、とりわけ10~20代の若者に多い。『鼻アレルギー診療ガイドライン』(監修・馬場廣太郎、2009年版)によると、通年性鼻炎は10~19歳で36.6%、20~29歳で36.8%。約4割を占める。

 そして、驚くことに、その原因の9割以上がダニという。

ハウスダストにはダニの死がいや糞が……

 アレルギー性鼻炎はどうして起るのか?

 抗原(花粉やハウスダストなど)が鼻に入ると、体のなかに抗体(IgE抗体)が作られる。これが鼻の粘膜の肥満細胞(マスト細胞)というアレルギーを発症する細胞に付いて待機する(感作)。

 この状態で再度、体に抗原が入り、抗体に反応してヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質が放出され、さまざまな症状が起こる。アレルギー反応が起きるのかどうかは、その人の体質にもよる。だが、ダニやスギ花粉では、50%の人が感作されているというデータもある。

 アレルギー性鼻炎患者の各種アレルゲンのIgE抗体の陽性率(2002年の調査)は、ハウスダスト(65.9%)と最も多く、ヤケヒョウダニ(63.1%)、スギ(57.1%)が上位を占める。

 ハウスダストは、目に見えない小さなほこりのこと。室内で発生するハウスダストには、ダニの死がいや糞などがまとわりつく。アレルゲンとなるのは、そのほかにもペットの毛やカビ、細菌、花粉などさまざまだ。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔