「生活習慣/アレルギー」の記事一覧

脳に微弱電流を流してかゆみを止める研究に大きな可能性が!

痛みを抑えるための薬は「鎮痛剤」という。薬物に詳しくない人間でも、鎮痛剤を注射すれば痛みが軽くなることは知っている。痛みで眠れないとき、鎮痛剤の効果は劇的である。ぐっすり眠ることで、体力が回復し、療養生活に大いにプラスになる。 では、痒みを抑えるための特効薬はあるのだ…続きを読む

脳に微弱電流を流してかゆみを止める研究に大きな可能性が!

塩分の摂取基準が厳しくなった理由は? 高血圧対策のプロフェッショナル渡辺尚彦医師に聞く

血圧を下げるには減塩が最も効果的shutterstock.com 今年の4月から塩分の摂取基準が厳しくなったことをご存じだろうか。厚生労働省の『日本人の食事摂取基準2015年版』では、18歳以上の男女は1日の摂取量として、男性が9グラムから8グラム未満、女性が7.5グラムか…続きを読む

塩分の摂取基準が厳しくなった理由は? 高血圧対策のプロフェッショナル渡辺尚彦医師に聞く

「低塩生活」を実現! 「知る・分ける・計る」の3ステップで挫折しない

今年4月、厚生労働省は、1日の食塩摂取の目標値を18歳以上の男性で9gから8gに、女性で7.5gから7g未満に基準を改定した。日本人はこれまでの「減塩」から「より減塩」へのシフトを促されている。 「低塩生活」を習慣づけたいところだが、継続しなければ意味がない。そもそも…続きを読む

「低塩生活」を実現! 「知る・分ける・計る」の3ステップで挫折しない
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波