「生活習慣/アレルギー」の記事一覧

「少しでも長く生きたい」だけの価値観はすでに過去のもの!?

超高齢社会を迎え、「人生ラスト10年問題」がクローズアップされている。人生の最後に介護を受けたり、医療機関に入ったりする期間が平均で10年にも及ぶのである。この期間を短くするには、どうしたらいいのか? この問題に正面から取り組む、一般社団法人チーム医療フォーラム代表理事の秋…続きを読む

「少しでも長く生きたい」だけの価値観はすでに過去のもの!?

ネコはヒトと遺伝子が似ている? 新たな治療法を招く"救世主"かもしれない!?

愛猫の愛らしい姿を見るだけで、疲れが吹き飛び、心を癒される人は多い。また他所の猫でも、そのくつろぐ可愛らしい様や無邪気な寝姿は人の心を和ませるものだ。 ところが、"猫"と聞いて眉をひそめる人も少なからずいる。気まぐれでマイペース、飼い主に忠実な犬に比べれば、扱いにくい存…続きを読む

ネコはヒトと遺伝子が似ている? 新たな治療法を招く

減塩は日本人の必修科目? 熱中症対策を言い訳にした過剰摂取はキケン!?

食塩摂取に関する見直しや法改正が、今年に入って相次いでいる。4月、厚生労働省の食事摂取基準が改定され、1日の食塩摂取の目標値が18歳以上の男性で9gから8gに、女性で7.5gから7g未満になった。 国は5年に一度、健康増進と生活習慣病予防のために、エネルギーや栄養量の…続きを読む

減塩は日本人の必修科目? 熱中症対策を言い訳にした過剰摂取はキケン!? 
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇