「生活習慣/アレルギー」の記事一覧

「睡眠障害」による経済損失は3.5兆円!「スリープマネジメント」に取り組む企業

ゲームやネットに夢中になり、あっという間に深夜。あげくの果てにベッドに入っても寝付けない。リズムの崩れた生活で脳をいじめ、仕事や日常生活に支障をきたしていないだろうか。 睡眠不足がもたらす、こんなセンセーショナルな調査がある。日本大学医学部の内山真教授(精神医学)が、…続きを読む

「睡眠障害」による経済損失は3.5兆円!「スリープマネジメント」に取り組む企業

アレルギー症状を抑える7種類のハーブとは? 子供たちにオススメの自然代替療法

春は1年のうちで最も爽やかで気持ちの良い季節。しかしその一方、日本では春の風に乗って花粉やPM2.5、黄砂などが飛散し、アレルギー体質の人にとってはつらい時期でもある。また、近年は大人だけでなく、子どものアレルギー患者も増加しているという。多くの親が副作用の心配がある処方薬…続きを読む

アレルギー症状を抑える7種類のハーブとは? 子供たちにオススメの自然代替療法

「いびき」の背後に隠れた怖い病気!いびきが糖尿病や高血圧、心不全を引き起こす?

多忙な現代社会では、ゆっくりと休む時間がない分、「睡眠の質」に注目が集まっている。熟睡を妨げる原因の一つに「いびき」がある。その背後には恐ろしい病気が潜んでいることがあるため、医療界ではいびきは何らかの病気の症状として捉えられている。 いびきは、生活習慣の乱れから肌のト…続きを読む

「いびき」の背後に隠れた怖い病気!いびきが糖尿病や高血圧、心不全を引き起こす?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆