「認知症」の記事一覧

"痩せ"も認知症リスクを上げる? BMIスコア「20未満」の中年は要注意!

最近、若い女性の極端な「スリム志向」が問題視されている。中年男女でも、健康的で若々しく見えるスレンダーな体型を維持したいと思っている人は多いだろう。 健康に関する多くの話題で「メタボ」が取り沙汰されるように、肥満のほうが多くの生活習慣病の元凶とされている。従来そこには…続きを読む

人間の感情を理解できる人型ロボット「ペッパー」は認知症の進行予防に役立つのか!?

今年1月の厚生労働省の発表によれば、2025年の認知症患者は730万人、65歳以上の5人に1人が認知症になるという。高齢者の夫婦が介護し合う「老老介護」から、認知症の夫婦が介護し合う「認認介護」への道筋が現実味を帯びてきた。 本人や家族の精神的・経済的な負担は、ますます…続きを読む

人間の感情を理解できる人型ロボット「ペッパー」は認知症の進行予防に役立つのか!?

働き盛りを襲う若年性アルツハイマー! あなたやパートナーは大丈夫?

「最近イライラすることが多くて」「忙しすぎて大事なアポをすっかり忘れてしまった」「会議中に怒鳴っちゃったよ」。部下は言うことを聞かない、山積みの仕事もはかどらない――。 ストレスフルな日常を振り返るビジネスマンの愚痴だ。こんなシーン、身に覚えがあるだろう。ストレスが高じ…続きを読む

働き盛りを襲う若年性アルツハイマー! あなたやパートナーは大丈夫? 
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇