「認知症」の記事一覧

骨粗鬆症に「カルシウムサプリ」は危険? 脳卒中の経験者は認知症のリスクが7倍に!

骨の中がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことで骨折しやすくなってしまう骨粗鬆症。 特に更年期以降の女性に多く、我が国の50歳以上の女性の3人に1人がかかっており、もはや国民病といってもいい。そして、高齢者が要介護になる原因の約1割が、骨粗鬆症による骨折だ。 …続きを読む

骨粗鬆症に「カルシウムサプリ」は危険? 脳卒中の経験者は認知症のリスクが7倍に!

英国で記憶力の低下を防ぐココア「MemoMax」が発売〜カカオ豆の「フラバノール」がいい仕事!

記憶力低下を大きく改善するというココアがイギリスで発売された。その名も「メモマックス(MemoMax)」。 このココア飲料は、記憶力を最高30年も若返らせる効果が期待できるという。価格は1杯1ポンド(日本円で155円程度)。記憶力の低下に悩む中高年層のほか、勉強したい学…続きを読む

英国で記憶力の低下を防ぐココア「MemoMax」が発売〜カカオ豆の「フラバノール」がいい仕事!

抗がん剤治療の後で記憶力・思考力・集中力が低下したら「ケモブレイン」の可能性も!

がんの化学療法の影響として、記憶力、思考力、集中力が低下する「ケモブレイン(chemo brain)」という症状が現れることが近年明らかになり、研究が進められてきた。 このほど、乳がんサバイバーを対象とした解析で、投与される薬剤の種類によって認知機能への影響が異なること…続きを読む

抗がん剤治療の後で記憶力・思考力・集中力が低下したら「ケモブレイン」の可能性も!
自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛