「認知症」の記事一覧

「たかが貧血……」と侮るなかれ~将来の認知障害のリスクが倍になる!?

何となく疲れやすい、だるい、眠い、階段を昇ると動悸や息切れがする、頭が痛い……。これらの症状の原因として疑われるもののひとつに「貧血」がある。 出血などがなければ、貧血は急激に起こることはない。徐々に進行していくため、体質とあきらめてしまい、不調を抱えながら生活してい…続きを読む

「たかが貧血……」と侮るなかれ~将来の認知障害のリスクが倍になる!?

割引サービス、バスカード、無料配送~免許証返納で高齢者の暴走事故を防ぐ

高齢ドライバーによる事故が目立っている。 10月28日には、宮崎県宮崎市で73歳の男性が運転していた軽乗用車が歩道を700mにわたって暴走。2人が死亡し、4人が重軽傷を負う事故が起こった。この男性は認知症やてんかんで入院歴があり、事故を起こした際は、てんかんの発作を抑え…続きを読む

割引サービス、バスカード、無料配送~免許証返納で高齢者の暴走事故を防ぐ

「記憶力に不安が......」は大丈夫! 自覚のある人は認知症ではない!?

社会の高齢化とともに、認知症患者も増えている。認知症高齢者は、2012年の時点で全国に約462万人いると推計されている。厚生労働省が今年1月7日に発表した推計によると、2025年には700万人を超える。65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症になる計算だ。約10年で1.…続きを読む

「記憶力に不安が......」は大丈夫! 自覚のある人は認知症ではない!?
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太