「認知症」の記事一覧

将来「認知症」になったとき自分を守る「後見制度」とは?

少子高齢化社会と言われて久しい。2016年には団塊の世代(1947~51年生まれ)の人びとが65歳以上となり、高齢化がいよいよ顕著となる。全員が“ピンピンコロリ”で死ぬわけではない。その多くは健康を損なってから亡くなるまでの間にある程度の時間的なズレが生じることになる。…続きを読む

将来「認知症」になったとき自分を守る「後見制度」とは?

脳内のGPS「グリッド細胞」が若者の“アルツハイマー脳”を解明する!?

現在、世界で2400万人近くの人々が患うという認知症。中でも増加傾向にあるアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)の予防と治療に関する研究は、現代医学の重要なテーマのひとつだ。 その分野で大きな可能性を秘めていると言われるのが、脳内でGPSのように位置情報を割り出す…続きを読む

脳内のGPS「グリッド細胞」が若者の“アルツハイマー脳”を解明する!?

認知症も「備えあれば憂いなし」! まずは医療・介護・法律の正しい知識を学ぶこと

「備えあれば憂いなし」――防災について論じられる際に、よく用いられる故事だが、病気も同じだ。先月、東京・大田区民プラザにて特定非営利活動法人オレンジアクトが主催するシンポジウム「知ってトクする認知症の備え方」が開催された。 シンポジウムに先立ち、「2015認知症フレンド…続きを読む

認知症も「備えあれば憂いなし」! まずは医療・介護・法律の正しい知識を学ぶこと
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇