"うちの犬"が教えてくれた......絆の物語、高齢化の時代に求められる都市型「老犬ホーム」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
olddog.jpg

ペットの高齢化は介護問題を生み出した(写真:大塚敦子)

 近年、犬の認知症が増えている。認知症の犬が増えた背景は、ペットの高齢化にある。

 長いこと、犬たちの寿命は数年程度、人間なら40代〜50代だった。だが、動物医療が劇的に向上。おかげで、フィラリアをはじめとする伝染病を予防したり、さまざまな病気を治療できるようになった。また、未曾有のペットブームで、飼育環境や食事など、犬たちの生活レベルがぐんと良くなった。

 今では、犬が10年以上生きるのは当たり前。小型〜中型の犬では、平均寿命12〜15年とされている。だが、寿命が延びれば、人間と同様に、老いが訪れる。犬にも高齢化に伴う、さまざまな問題が生じている。

 高齢化につきものなのが、介護。とくに認知症になると、失禁、歩行困難などの身体介護のほか、次のような症状に悩まされる。

犬の認知症の主な症状
・夜鳴き
・旋回運動(同じところでぐるぐると回る)
・後退できない(狭いところに頭を突っ込んで身動き取れなくなる)
・昼夜逆転
・食欲異常

 いざ、愛犬にこうした症状が出始めると、飼い主たちは、戸惑ったり、悲しんだりしながらも、やがて現実を受け入れ、徐々に、介護生活にシフトしていく。人間社会のように、介護サービスなどが充実していない犬の介護は、想像以上に大変だ。うまく自分自身の生活と、折り合いがつけられればいいが、飼い主の中には、身を削る思いで介護生活に従事し、心身共に疲弊して、バーンアウトするケースも少なくない。

犬の世界でも、介護のプロが活躍!

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘