"うちの犬"が教えてくれた......絆の物語、高齢化の時代に求められる都市型「老犬ホーム」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
olddog.jpg

ペットの高齢化は介護問題を生み出した(写真:大塚敦子)

 近年、犬の認知症が増えている。認知症の犬が増えた背景は、ペットの高齢化にある。

 長いこと、犬たちの寿命は数年程度、人間なら40代〜50代だった。だが、動物医療が劇的に向上。おかげで、フィラリアをはじめとする伝染病を予防したり、さまざまな病気を治療できるようになった。また、未曾有のペットブームで、飼育環境や食事など、犬たちの生活レベルがぐんと良くなった。

 今では、犬が10年以上生きるのは当たり前。小型〜中型の犬では、平均寿命12〜15年とされている。だが、寿命が延びれば、人間と同様に、老いが訪れる。犬にも高齢化に伴う、さまざまな問題が生じている。

 高齢化につきものなのが、介護。とくに認知症になると、失禁、歩行困難などの身体介護のほか、次のような症状に悩まされる。

犬の認知症の主な症状
・夜鳴き
・旋回運動(同じところでぐるぐると回る)
・後退できない(狭いところに頭を突っ込んで身動き取れなくなる)
・昼夜逆転
・食欲異常

 いざ、愛犬にこうした症状が出始めると、飼い主たちは、戸惑ったり、悲しんだりしながらも、やがて現実を受け入れ、徐々に、介護生活にシフトしていく。人間社会のように、介護サービスなどが充実していない犬の介護は、想像以上に大変だ。うまく自分自身の生活と、折り合いがつけられればいいが、飼い主の中には、身を削る思いで介護生活に従事し、心身共に疲弊して、バーンアウトするケースも少なくない。

犬の世界でも、介護のプロが活躍!

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆