「うつ病」の記事一覧

産後うつで搬送されてきた母親の胃から出てきた“とんでもないモノ”とは?

医学的にどこが問題なのかはっきりしない親子が運び込まれた。母親は、出産後、うつ状態になっているらしい。しかし、検査を進めて行くうちにとんでもない事実が判明する――。 ある日、30歳の女性と0歳の子供が救急車で搬送された。その女性の母親も付き添っており、彼女は家族待機場所…続きを読む

産後うつで搬送されてきた母親の胃から出てきた“とんでもないモノ”とは?

タレント・上原さくらさんが精神科入院を告白〜精神科では“強制入院”もアリなの?

2度の結婚と離婚、2013年の芸能界引退騒動以来、公の場から姿を消していたタレントの上原さくらさんが、4月26日発売の『女性自身』(光文社)でインタビューに応じている。 その中で上原さんは、2013年からの3年間に半年以上、精神科に入院していたことを告白。「病室には鍵が…続きを読む

タレント・上原さくらさんが精神科入院を告白〜精神科では“強制入院”もアリなの?

オメガ3脂肪酸は本当に「うつ病」に効くのか!?〜医療研究のエビデンスを問う!

オメガ3脂肪酸(DHA、EPA)はマグロなどの脂肪分が多い魚や、その他の海産物、ナッツ類などに含まれている不飽和脂肪酸である。血中の中性脂肪や悪玉コレステロールの低減、脳神経の活性化をはじめ、さまざまな健康効果が注目されており、サプリメントも大人気だ。 このサプリメント…続きを読む

オメガ3脂肪酸は本当に「うつ病」に効くのか!?〜医療研究のエビデンスを問う!
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔