「うつ病」の記事一覧

多くの人が悩む腰痛とうつ病に関係が......麻薬性鎮痛薬の効果が低下する?

日本人の国民病といわれる「腰痛」。「平成22年国民生活基礎調査」の「自覚症状のある病気やケガ」では、腰痛は男性で1位、女性では肩凝りに次いで2位。日本人の成人の9割が、一生に一度は腰痛を経験しているといわれているほどだ。 ところが、腰痛の原因は、腰椎や筋肉の傷害によるも…続きを読む

多くの人が悩む腰痛とうつ病に関係が......麻薬性鎮痛薬の効果が低下する?

衝動的な子どもは将来ギャンブラーになりやすい? そして4分の3が抑うつ症状に......

先頃、「小児期に衝動的な行動が見られる男の子は、大人になってから、抑うつ症状が出やすく、ギャンブルをする可能性も高い」という研究論文が発表された。 発表されたのは、アメリカの学術誌『ギャンブル研究ジャーナル』(5月21日号)。ケベック大学(カナダ・モントリオール)の研究…続きを読む

衝動的な子どもは将来ギャンブラーになりやすい? そして4分の3が抑うつ症状に......

会社に行きたくないオトコたち~職場ストレスを"自己解決"したがる男性ほど連休明けにご用心!

連休が明け、普段の日常が始まる。出勤するのを憂鬱に感じ、いわゆる「五月病」に陥る人もいるかもしれない。 「五月病」は、たいてい一時的な抑うつ気分で、病気には当たらないとされる。しかし、症状が継続する場合は注意が必要だ。うつ病などの精神疾患がひそんでいる可能性を示す、メ…続きを読む

会社に行きたくないオトコたち~職場ストレスを
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛