「うつ病」の記事一覧

うつの予防は幅広い視野と「雑談力」がカギに! "リワーク"の現状とは?

東京都内に3つの分院を持ち、さまざまな依存症や高齢者、うつ病休職者、発達障害や高次脳機能障害などに対する医療を行う榎本クリニック。最大の特色は、入院せずに自宅から通い、日中をクリニックで過ごす「デイケア」にある。深間内文彦院長にインタビューを行なった。 「最近の精神疾…続きを読む

うつの予防は幅広い視野と「雑談力」がカギに!

家庭用の塩素系洗剤による自殺も、苦しまず簡単に死に至るわけではない

最近、経験した家庭用洗剤を用いたガス中毒症による自殺の症例を報告したい。 患者は70歳代男性。うつ病の診断により精神科で薬物治療中であり、これまで盛んに「死にたい」と妻や息子に訴えていたという。 ある晩、自宅でひとりになった時、患者はまず精神科で処方されていた睡眠薬…続きを読む

家庭用の塩素系洗剤による自殺も、苦しまず簡単に死に至るわけではない

うつ病になっても「会社を首に」「先がない」そんな焦りは不要に?

2014年12月27日、「障害者雇用率うそ報告で職員処分」という事件が報道された。独立行政法人労働者健康福祉機構が、雇用義務のある障害者数を水増しして虚偽の報告を行った、というものだ。 ここでの「雇用義務」とは、障害者の雇用の促進等に関する法律によるもので、法的責務…続きを読む

うつ病になっても「会社を首に」「先がない」そんな焦りは不要に?
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子