「うつ病」の記事一覧

東日本大震災から5年〜いまだに増え続ける「震災関連死」の現状と原因は?

2016年2月10日、警察庁は、3.11東日本大震災による死者1万5894人、重軽傷者6152人、警察に届出があった行方不明者2562人と発表した。 2016年1月4日付け毎日新聞の報道によれば、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故による震災関連死と認定された人は、昨…続きを読む

東日本大震災から5年〜いまだに増え続ける「震災関連死」の現状と原因は?

季節性感情障害の患者に有効? 「太陽光」を再現する照明が話題に

もし、あなたの部屋に、自分好みの太陽光を呼び込めるとしたら、次の三択ならばどれを選ぶだろうか? ①くっきりの熱帯地方系 ②やわらかな地中海沿岸地方系 ③少し暗めのノルディック地方系 そんな愉しいチョイスを満喫できる日も、どうやら遠くなさそうだ。 無窓の個室や…続きを読む

季節性感情障害の患者に有効? 「太陽光」を再現する照明が話題に

心理面から体調不良に。心身症になりやすい「失感情症」タイプとは!?

これまで、「空の巣症候群」「濡れ落ち葉」「介護の負担」など、更年期によくみられる症例を提示して、その解決策を具体的に考えてきた。今回からは、発症の「原因」を見極めるのが難しく、それゆえに誤った診断を下されることも多い代表的な症例をご紹介しよう。「心身症」のケース 女…続きを読む

心理面から体調不良に。心身症になりやすい「失感情症」タイプとは!?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇