「五月病」は生徒より教師が深刻!「精神疾患」で5000人以上が教育現場をバーンアウト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「五月病」は生徒より教師が深刻!「精神疾患」で5000人以上が教育現場をバーンアウトの画像1

「精神疾患」による休職者は5000人以上(depositphotos.com)

 緑風薫る5月は同時に「五月病」の季節でもあるが、本当に深刻なのは「生徒」よりも「先生」の健康状態かもしれない……。

 4月28日の時事通信の記事によると、文部科学省は同日、2016年度の公立小中学校の勤務実態調査の速報値を公表。その結果は、教員の勤務の過酷さを、データとしても裏付けるものだった。

過酷な勤務時間が原因?「精神疾患」による休職者は5000人以上

 その結果によると、教諭の平日1日当たりの平均勤務時間は小学校で前回調査から43分増の11時間15分、中学で32分増の11時間32分だった。小学校では33.3%。中学では57.6%の教諭が週に60時間以上勤務し、20時間以上残業していた。

 これは厚生労働省が過労死の労災認定の目安としている月80時間の残業に相当するという。

 実際の現場はさらに過酷だ――。

 今回の調査を取り上げた4月29日の朝日新聞によると、中学校では土日の部活動の指導時間が1日あたり130分で、10年前から倍増。この記事では「部活があって今月は土曜日と日曜日に休みがなかった。教師になって13年目。こんな生活がずっと続いている」というバーレーボール部の顧問をする公立中学校の教諭の話を取り上げている。

 同記事によれば、そもそも教員は一般の公務員と異なり残業代が支払われず、基本給の4%を全員に支給する仕組みが1970年代から続いているのだという。「教師は聖職だから、身を粉にして働くのが当たり前」という考えがベースになって、際限のない残業が常態化しているのなら、教師が疲弊するのも当然だと言えよう。

 実際に、うつ病などの精神疾患にかかる教師は増え続けている。『ブラック化する学校 少子化なのになぜ先生は忙しくなったのか?』(前屋毅・青春出版社)という本によれば、公立学校(小学・中学・高校)の教員の病気のための休職者数は増え続け、最近では年間8000人以上を超えているという。

 文科省の調査によれば、2014年度は8277人で、その内訳は小学校教員が3899人、中学校が2366人。

 その病気休職のなかでも多くの割合を占めている原因が「精神疾患」で、2008年度以降は毎年5000人台の水準が維持されており、病気休職者が8669人になった2010年度では、精神疾患による休職者数は62%を占めているという。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔