電通の過労自殺から学ぶ<負のスパイラル>の心理~「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もうすぐ年の瀬の足音が聞こえてくる。年末年始に向けて、本格的に忙しくなる業界や職種は少なくない。何かと付き合いごとも増えて、オーバーワークに陥りやすい時期だ。

 このほど厚生労働省が発表した調査によると、過労によってうつ病などの精神疾患にかかるのは30代がもっとも多く、労災が認められたケースの3割を占めることが判明した。

 折しも10月7日、三田労働基準監督署が、月間100時間以上の残業をしていた大手広告代理店・電通の元社員・高橋まつりさん(享年24)の<過労自殺>を労災に認定した。東京労働局が、電通の立ち入り調査を実施するなど、その業務実態が注目されたばかりだ。

 まつりさんは亡くなる前、SNSに「もう4時だ 体が震えるよ…」「眠りたい以外の感情を失った」「本気で死んでしまいたい」「1日の睡眠時間2時間はレベル高すぎる」「鬱だ」などと書き込んでいた。

 社会的な批判も浴びたこの事件によって、電通は10月24日から東京港区の本社ビルで、午後10時の社内全館一斉消灯をスタートし、業務改善に努めていると報じられた。

<深夜残業から早朝残業になっただけ>の声も

 ところが一部のメディアは、翌日の早朝5時に社内の照明が多数灯ったことを報じ、<深夜残業から早朝残業になっただけ>と指摘。社員の負担を軽減する、抜本的な改善策となるのかは、疑問の余地がありそうだ。

 最近では、労働基準法対策として残業を禁ずる企業も増えきた。電通のように、消灯・閉館を実践する社もある。

 だが果たしてこの策は、本当に社員の負担軽減に結びついているのだろうか。仕事量は減らずに短くなった勤務時間では、残った仕事を持ち帰ったり、早朝出勤でやりくりしたり……。

 むしろ、会社で作業できなくなり、腰を落ち着けて仕事に取り組めず、心身の負担を増やしている側面もあるようだ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆