「うつ病」の記事一覧

統合失調症を薬に頼らず<対話の力>で治療~世界で注目される「オープンダイアローグ」

薬の処方は最低限に抑え、会話の力だけで統合失調症を回復させる──。そんな話を聞いたら、何やらうさんくさいインチキ療法なのではないかと思うかもしれない。 しかし、そのような会話の力による「オープンダイアローグ(開かれた対話)」という療法が、いま世界中で注目を集めている。…続きを読む

統合失調症を薬に頼らず<対話の力>で治療~世界で注目される「オープンダイアローグ」

「酒と不況と男と自殺」の相関図〜トランプ氏の得票率が高い地域は白人の死亡率も高い?

死亡時に飲酒していた自殺者の比率は不況時に上昇(shutterstock.com)  最近、終電間際の商店街を歩くと、居酒屋系の閉店時間が早まりつつある傾向に気づく。若い層の酒離れや飲みニケーション嫌い、家呑み志向や折からの不況風で、「続けられているのが不思議……」と他人…続きを読む

「酒と不況と男と自殺」の相関図〜トランプ氏の得票率が高い地域は白人の死亡率も高い?

東日本大震災から5年〜いまだに増え続ける「震災関連死」の現状と原因は?

2016年2月10日、警察庁は、3.11東日本大震災による死者1万5894人、重軽傷者6152人、警察に届出があった行方不明者2562人と発表した。 2016年1月4日付け毎日新聞の報道によれば、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故による震災関連死と認定された人は、昨…続きを読む

東日本大震災から5年〜いまだに増え続ける「震災関連死」の現状と原因は?
「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆