「うつ病」の記事一覧

抗うつ薬の副作用で自殺願望が高まることも......うつ病を薬で治すことは難しい

ストレスが蔓延する現代社会で、年々増え続けているうつ病患者。「うつ病を疑ったら早めに専門家の診断と治療を受ける」ということが、日本でも暗黙の了解となりつつある。うつ病の治療は「休養」「薬物療法」「精神療法・カウンセリング」の3つが基本といわれているが、なかでも中心となるのが…続きを読む

抗うつ薬の副作用で自殺願望が高まることも......うつ病を薬で治すことは難しい

太陽と健康の関係に新発見 "太陽活動"が人の寿命を左右する!?

太陽は巨大な火の玉である。直径は地球の109倍。中心部では水素が核融合をおこし巨大なエネルギーを放出している。水素が燃えて火や熱を出し、ヘリウムという燃えカスができていると考えればわかりやすい。年齢は約46億歳。水素が燃え尽きる、およそ50億年後には寿命を迎えるという。…続きを読む

太陽と健康の関係に新発見

「自殺者」の平均睡眠時間は5時間。「睡眠不足」が自殺を引き起こしてしまう!?

現代の日本では、長時間労働が当たり前になり、コンビニをはじめ24時開いている店も多く、夜型のライフスタイルが広まり、慢性的な睡眠不足に陥っている。1960年では8時間半近く眠っていた日本人は、最近は7時間半と1時間近く、睡眠時間が減った。特に日本の仕事をしている女性の睡眠時…続きを読む

「自殺者」の平均睡眠時間は5時間。「睡眠不足」が自殺を引き起こしてしまう!?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆