「うつ病」の記事一覧

女性は注意! うつ病になるリスクを2割もアップさせる食品とは?

お腹がグウグウと鳴るほど空腹のとき、あなたは何が食べたくなるだろうか? そんなときに、炊きたての白いご飯や喉ごしの良いうどん、香ばしいパン、スイーツを思い切り頬張る幸福感はたまらないものがある。 このような「幸福感」を増幅する食べ物は、小麦や白米、砂糖など「高度に精製…続きを読む

女性は注意! うつ病になるリスクを2割もアップさせる食品とは?

新入社員に多い「6月病」とは? 適応障害の場合は40%以上が5年後には「うつ病」に!

近年、「5月病」ならぬ「6月病」が増えている。「5月病」は、春の新生活が始まって1か月が経ち、心の疲れやストレスが、心身の不調となって現れるものだ。正式な病名ではないが、新入学の学生をはじめ、春に生活を心機一転した人によく見られ、その名が定着している。 同じことが、6…続きを読む

新入社員に多い「6月病」とは? 適応障害の場合は40%以上が5年後には「うつ病」に!

「睡眠障害」による経済損失は3.5兆円!「スリープマネジメント」に取り組む企業

ゲームやネットに夢中になり、あっという間に深夜。あげくの果てにベッドに入っても寝付けない。リズムの崩れた生活で脳をいじめ、仕事や日常生活に支障をきたしていないだろうか。 睡眠不足がもたらす、こんなセンセーショナルな調査がある。日本大学医学部の内山真教授(精神医学)が、…続きを読む

「睡眠障害」による経済損失は3.5兆円!「スリープマネジメント」に取り組む企業
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆