「うつ病」の記事一覧

女性は注意! うつ病になるリスクを2割もアップさせる食品とは?

お腹がグウグウと鳴るほど空腹のとき、あなたは何が食べたくなるだろうか? そんなときに、炊きたての白いご飯や喉ごしの良いうどん、香ばしいパン、スイーツを思い切り頬張る幸福感はたまらないものがある。 このような「幸福感」を増幅する食べ物は、小麦や白米、砂糖など「高度に精製…続きを読む

女性は注意! うつ病になるリスクを2割もアップさせる食品とは?

新入社員に多い「6月病」とは? 適応障害の場合は40%以上が5年後には「うつ病」に!

近年、「5月病」ならぬ「6月病」が増えている。「5月病」は、春の新生活が始まって1か月が経ち、心の疲れやストレスが、心身の不調となって現れるものだ。正式な病名ではないが、新入学の学生をはじめ、春に生活を心機一転した人によく見られ、その名が定着している。 同じことが、6…続きを読む

新入社員に多い「6月病」とは? 適応障害の場合は40%以上が5年後には「うつ病」に!

「睡眠障害」による経済損失は3.5兆円!「スリープマネジメント」に取り組む企業

ゲームやネットに夢中になり、あっという間に深夜。あげくの果てにベッドに入っても寝付けない。リズムの崩れた生活で脳をいじめ、仕事や日常生活に支障をきたしていないだろうか。 睡眠不足がもたらす、こんなセンセーショナルな調査がある。日本大学医学部の内山真教授(精神医学)が、…続きを読む

「睡眠障害」による経済損失は3.5兆円!「スリープマネジメント」に取り組む企業
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇