1万5000歩で心臓疾患のリスク低下! ウオーキングこそコスパに優れた「がん予防」?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1万5000歩で心臓疾患のリスク低下! ウオーキングこそコスパに優れた「がん予防」?の画像1

歩くだけで心臓疾患もがんも予防(depositphotos.com)

 「アンチエイジングにいい」「睡眠の質が上がる」「がんを予防する」……運動の効果が今、さまざまな研究で実証されている。

 運動はカラダにいい――それでも運動が習慣となりにくい理由の一つに挙げられるのは、「どんな運動をどれくらいしたらよいのかわからない」。具体的に取り組むべきメニューがボンヤリしているから「実行するのは、また今度……」となるわけだ。

 そこで、今回は健康効果をもたらすであろう、具体的なメニューを探ってみよう。

週に2時間半、やや負荷のある運動

 一般的な「推奨される運動の量」は、「週に2時間30分のやや負荷のある運動」だ。たとえば、ジョギングやストレッチ、または75分の強めの負荷(これはテニスや全力に近いダッシュ、サイクリングなど)とされる。

 しかし、この数値は、フルタイムで仕事をしている人にとっては、ややハードルが高く感じるだろう。運動習慣のない人が、全力疾走やテニスを日常生活に取り入れるのは、なかなか難しい。

 そこでオススメなのが「ウオーキング」。歩くことは比較的簡単、工夫次第で歩く距離や速さを変化させることが可能だ。

三木貴弘(みき・たかひろ)

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在は、医療機関(札幌市)にて理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。お問い合わせ、執筆依頼はcontact.mikitaka@gmail.comまで。

三木貴弘の記事一覧

三木貴弘
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志