「膵がん」の早期発見につながる血液検査「マルチプレックスプラズモンアッセイ」を開発

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「膵がん」の早期発見につながる血液検査「マルチプレックスプラズモンアッセイ」を開発の画像1

「膵がん」の早期発見につながる血液検査「マルチプレックスプラズモンアッセイ」を開発(depositphotos.com)

 米マサチューセッツ総合病院(ボストン)のCesar Castro氏らの研究グループは、膵がんの早期診断につながる新たな血液検査を開発し、『Science Translational Medicine』に発表した(「HealthDay News」 2017年5月24日)。

 発表によると、研究グループは「マルチプレックスプラズモンアッセイ」と呼ぶ分析法を採用し、膵がんの80%を占める「膵管腺がん(PDAC)患者」の細胞から血液中に放出される「細胞外小胞(EV)」という構造体を分析したところ、5つの特異的なタンパク質の特徴を持つEVが、PDACの優れたマーカーになる事実を発見した。

 また、PDACまたは非がん性の疾患(膵炎など)で手術を受けた患者43人の血液検体を用いて、このマーカーの精度を検証した結果、感度(陽性になる確率)は86%、特異度(陰性になる確率)は81%だった。

CA19-9よりも精度が高く、費用は1回60ドルとメリットが大きい

 米国立がん研究所(NCI)の推計によれば、年間約5万3700人が膵がんの診断を受けている。だが、膵がんは、進行が速く、発見しにくく、転移が早いため、黄疸などの症状が現われる頃は進行している場合が多いので、致死率が高い。

 5年生存率は部位別がんの最下位のわずか8%。罹患者の2割がリンパ節切除するが、切除しても約7割が再発するので、予後が極めて悪いのが特徴だ。

 現在、膵がんの腫瘍マーカーとして「CA19-9」による検査が普及している。だが、CA19-9は、がんが進行するまで値が上昇せず、膵臓の炎症や胆管の閉塞によって上昇する場合も少なくないため、治療中の経過確認には有用だが、診断法としては精度が低く、最適ではない。

 一方、今回発見されたマーカーは、CA19-9よりも精度が高く、検査の一部は自動化されているので、約10分で完了し、費用は1回60ドルとメリットが大きい。

 ただし、Castro氏は、この研究は小規模であるため、今後はスクリーニング法としての実用性を明らかにするため、家族歴のあるリスクの高い患者を対象に検証を重ね、最終的にはあらゆる患者に活用できるスクリーニング法を開発したいと意欲的だ。

 また、米メモリアル・スローン・ケタリングがんセンター(ニューヨーク市)のPeter Kingham氏によると、膵がんの診断は、乳がんのマンモグラフィや大腸がんの内視鏡検査のようなスクリーニング法の開発が急がれるものの、今回の検査法の精度を客観的に評価するためには、さらに大規模な研究の蓄積が必要と指摘している。

脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社p3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆