「膵がん」の早期発見につながる血液検査「マルチプレックスプラズモンアッセイ」を開発

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「膵がん」の早期発見につながる血液検査「マルチプレックスプラズモンアッセイ」を開発の画像1

「膵がん」の早期発見につながる血液検査「マルチプレックスプラズモンアッセイ」を開発(depositphotos.com)

 米マサチューセッツ総合病院(ボストン)のCesar Castro氏らの研究グループは、膵がんの早期診断につながる新たな血液検査を開発し、『Science Translational Medicine』に発表した(「HealthDay News」 2017年5月24日)。

 発表によると、研究グループは「マルチプレックスプラズモンアッセイ」と呼ぶ分析法を採用し、膵がんの80%を占める「膵管腺がん(PDAC)患者」の細胞から血液中に放出される「細胞外小胞(EV)」という構造体を分析したところ、5つの特異的なタンパク質の特徴を持つEVが、PDACの優れたマーカーになる事実を発見した。

 また、PDACまたは非がん性の疾患(膵炎など)で手術を受けた患者43人の血液検体を用いて、このマーカーの精度を検証した結果、感度(陽性になる確率)は86%、特異度(陰性になる確率)は81%だった。

CA19-9よりも精度が高く、費用は1回60ドルとメリットが大きい

 米国立がん研究所(NCI)の推計によれば、年間約5万3700人が膵がんの診断を受けている。だが、膵がんは、進行が速く、発見しにくく、転移が早いため、黄疸などの症状が現われる頃は進行している場合が多いので、致死率が高い。

 5年生存率は部位別がんの最下位のわずか8%。罹患者の2割がリンパ節切除するが、切除しても約7割が再発するので、予後が極めて悪いのが特徴だ。

 現在、膵がんの腫瘍マーカーとして「CA19-9」による検査が普及している。だが、CA19-9は、がんが進行するまで値が上昇せず、膵臓の炎症や胆管の閉塞によって上昇する場合も少なくないため、治療中の経過確認には有用だが、診断法としては精度が低く、最適ではない。

 一方、今回発見されたマーカーは、CA19-9よりも精度が高く、検査の一部は自動化されているので、約10分で完了し、費用は1回60ドルとメリットが大きい。

 ただし、Castro氏は、この研究は小規模であるため、今後はスクリーニング法としての実用性を明らかにするため、家族歴のあるリスクの高い患者を対象に検証を重ね、最終的にはあらゆる患者に活用できるスクリーニング法を開発したいと意欲的だ。

 また、米メモリアル・スローン・ケタリングがんセンター(ニューヨーク市)のPeter Kingham氏によると、膵がんの診断は、乳がんのマンモグラフィや大腸がんの内視鏡検査のようなスクリーニング法の開発が急がれるものの、今回の検査法の精度を客観的に評価するためには、さらに大規模な研究の蓄積が必要と指摘している。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真