シリーズ「オルガスムのサイエンス 性的快楽と心身と脳の神秘を探る!」後編

強力なオルガスムを求めて高知東生、押尾学、ASKAが陥った<ドラッグセックス> で勃起不全に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
133047971-2.jpg

ドラッグはオーガズムを高めない?(shutterstock.com)

 2004年、性科学の新たな知見が世界の注目を浴びた。米国の性科学研究者のJohnson、Phelps、Cottlerらは、共同研究論文『コミュニティの疫学的サンプルにおける性機能不全と薬物使用との関連性』を発表したからだ。

 この共同研究によれば、Johnsonらは1981〜83年の3年間にわたってセントルイス市の成人3004人を対象に疫学的サンプルを収集し、米国精神医学会の診断統計分類DSM-IIIの性機能不全とドラッグやアルコールの常用者との関連性(発症率)を詳細に分析した。

 分析の結果、性機能不全の発症率は、男性が14%、女性が33%。自己抑制的なオルガスムを感じる人は11%、性交時に機能的な性交疼痛を伴う人は13%、勃起不全や興奮の不足などを伴う人は5%、自己抑制的な性的欲求を感じる人は7%だった。

 自己抑制的なオルガスムを感じる人は、マリファナとアルコールを頻繁に使用していた。性交時に機能的な性交疼痛を伴う人はマリファナを常用していた。

 勃起不全や興奮の不足などを伴う人はドラッグの常用者が多かった。自己抑制的な性的欲求を感じる人はドラッグやアルコールとの相関は低かった。

 つまり、性機能不全の発症率は、マリファナとアルコールの常用者で自己抑制的なオルガスムを感じる人ほど高い。この共同研究によると、ドラッグはオルガスムを高めないし、勃起不全などの性機能不全をもたらリスクが高いと結論づけているのだ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆