望まない妊娠を防ぐため<赤ちゃんロボット>で性教育したところ……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
19952593.jpg

<赤ちゃんロボット>は10代の妊娠を促す?(shutterstock.com)

 日本のみならず世界で進む少子化。だが一方で、10代の<若年妊娠>が社会問題化している国も多い。

 特にアメリカやイギリス、オーストラリアなどは、欧米諸国のなかでも10代の妊娠率が高く、さまざまな政策を試みている。

 たとえば、イギリス政府は1999年から、子どもたちを対象に「セックスと人間関係に関するガイダンス」を設け、気軽に医療制度を使えるようにするなど取り組んできた。

 また、オーストラリアをはじめとする世界89カ国では、育児を疑似体験できる「赤ちゃんロボット」を性教育に取り入れている学校がある。

 新生児の世話がどれだけたいへんな苦労をともなうかを体験することで、軽率な性行為による<望まない妊娠>を防ぐのが目的だ。

 ところが「赤ちゃんロボット」には、実は10代の妊娠を抑制する効果がなかった。そればかりか、逆に出産を増加させる可能性があったとの報告が先月、英医学誌『The Lancet』に発表された。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真