望まない妊娠を防ぐため<赤ちゃんロボット>で性教育したところ……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
19952593.jpg

<赤ちゃんロボット>は10代の妊娠を促す?(shutterstock.com)

 日本のみならず世界で進む少子化。だが一方で、10代の<若年妊娠>が社会問題化している国も多い。

 特にアメリカやイギリス、オーストラリアなどは、欧米諸国のなかでも10代の妊娠率が高く、さまざまな政策を試みている。

 たとえば、イギリス政府は1999年から、子どもたちを対象に「セックスと人間関係に関するガイダンス」を設け、気軽に医療制度を使えるようにするなど取り組んできた。

 また、オーストラリアをはじめとする世界89カ国では、育児を疑似体験できる「赤ちゃんロボット」を性教育に取り入れている学校がある。

 新生児の世話がどれだけたいへんな苦労をともなうかを体験することで、軽率な性行為による<望まない妊娠>を防ぐのが目的だ。

 ところが「赤ちゃんロボット」には、実は10代の妊娠を抑制する効果がなかった。そればかりか、逆に出産を増加させる可能性があったとの報告が先月、英医学誌『The Lancet』に発表された。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘