望まない妊娠を防ぐため<赤ちゃんロボット>で性教育したところ……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
19952593.jpg

<赤ちゃんロボット>は10代の妊娠を促す?(shutterstock.com)

 日本のみならず世界で進む少子化。だが一方で、10代の<若年妊娠>が社会問題化している国も多い。

 特にアメリカやイギリス、オーストラリアなどは、欧米諸国のなかでも10代の妊娠率が高く、さまざまな政策を試みている。

 たとえば、イギリス政府は1999年から、子どもたちを対象に「セックスと人間関係に関するガイダンス」を設け、気軽に医療制度を使えるようにするなど取り組んできた。

 また、オーストラリアをはじめとする世界89カ国では、育児を疑似体験できる「赤ちゃんロボット」を性教育に取り入れている学校がある。

 新生児の世話がどれだけたいへんな苦労をともなうかを体験することで、軽率な性行為による<望まない妊娠>を防ぐのが目的だ。

 ところが「赤ちゃんロボット」には、実は10代の妊娠を抑制する効果がなかった。そればかりか、逆に出産を増加させる可能性があったとの報告が先月、英医学誌『The Lancet』に発表された。

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆