「処方薬」の記事一覧

がん治療に「経済的毒性」〜 治療費の上昇で保険加入者でも重い負担

抗がん剤の新薬が次々登場し治療の可能性を広げているが、近年ではあまりにも費用が高額になり、患者のQOLと服薬アドヒアランス(患者が薬剤を処方通りに服薬すること)に悪影響を及ぼしている。この患者に負担を与える治療費の問題は、「経済的毒性」と呼ばれ、米国で深刻化している。 …続きを読む

がん治療に「経済的毒性」〜 治療費の上昇で保険加入者でも重い負担

首都圏に“チラシ投函”で大キャンペーン!? 抗うつ薬治験の新たな試み

「うつ病にお悩みの方、新しいお薬の治験にご参加ください」――。先日、首都圏の市街地を中心に、新聞やポストにこんなチラシが配布されていた。 気づいた方も多かったのではないだろうか。黄色を基調に、迷路の中でデフォルメされた白い人がしゃがみこんで涙を流しているイラスト。治験…続きを読む

首都圏に“チラシ投函”で大キャンペーン!? 抗うつ薬治験の新たな試み

覚せい剤に似た性質を持つADHD薬。子どもへの処方は本当に害はないのか?

近年、ADHD(注意欠陥・多動性障害)など発達障害と診断される子どもが増えている。ADHDの特徴は、集中力や注意力に欠けたり、衝動性や多動性が見られたりすることだ。詳しい原因はわかっていないが、脳の機能障害ではないかといわれている。 しかし、以前はADHDという名前の病…続きを読む

覚せい剤に似た性質を持つADHD薬。子どもへの処方は本当に害はないのか?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆