「処方薬」の記事一覧

「アレグラ」は花粉症や鼻炎に本当に効く? 副作用は少ない?

花粉症が軽く、ラクになる! アレルギー症状を抑え、副作用が少ない! つらいアレルギー症状を和らげる人気NO.1の大衆薬といえば「アレグラ」だ。なぜ奇跡の妙薬とまで絶賛され、愛用されるのだろう? アレグラは組織細胞機能用医薬品に分類されるアレルギー用薬剤。主成分はフェキ…続きを読む

「アレグラ」は花粉症や鼻炎に本当に効く?  副作用は少ない?

いまさら抗がん剤の値段の高さに驚くメディアと医薬品貿易赤字を解消できない日本

産経新聞に「1剤が国を滅ぼす」高額がん治療薬の衝撃 年齢制限求む医師に「政権がもたない」という記事が出ていた。 最後には「だが、効果の有無が事前に分からない以上、オプジーボに望みを託す患者を選別することは難しい。その薬価は、患者すべての期待に応えるにはあまりに高額だ。」…続きを読む

いまさら抗がん剤の値段の高さに驚くメディアと医薬品貿易赤字を解消できない日本

その薬大丈夫? 認知症患者への向精神薬などの多剤併用がますます症状を悪化させている!

認知症患者は10年後に800万人時代を迎えると言われる。しかし、ひとくちに認知症といっても類似の症状を示す疾病は70種類以上もある。しかも認知症は個別性が強く、高齢であれば他の持病も少なくない。いきおい大量の薬が処方されてしまうケースが増えてしまう。 仮に家族があるいは…続きを読む

その薬大丈夫? 認知症患者への向精神薬などの多剤併用がますます症状を悪化させている!
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真