首都圏に“チラシ投函”で大キャンペーン!? 抗うつ薬治験の新たな試み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
drugtest.jpg

治療の新しい標準を作り出す可能性も……cozyta/PIXTA(ピクスタ)

 「うつ病にお悩みの方、新しいお薬の治験にご参加ください」――。先日、首都圏の市街地を中心に、新聞やポストにこんなチラシが配布されていた。

 気づいた方も多かったのではないだろうか。黄色を基調に、迷路の中でデフォルメされた白い人がしゃがみこんで涙を流しているイラスト。治験の対象者をチラシで大々的に募ることはこれまで聞いたことがなかったため、一目をひいた。

 うつ病に悩んでいる人のなかには、「どこから自分の病のことを知ったのか……」と、ドキリとした人もいたかもしれない。そんな懸念をぬぐうためか、下段には、「このチラシは個人を特定せずに、上記の記載エリアおよびその近隣エリアに配布しています」と書かれている。記載エリアとは、東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬の計21自治体のことだ。

2つの有効成分を配合した薬の有効性と安全性を確認

 このチラシを作成・配布したのは、大塚製薬株式会社。「ポカリスエット」や「カロリーメイト」などで知られる同社だが、実は精神科の薬でも大きなシェアを持っている。特に、統合失調症などで使われる抗精神病薬「エビリファイ」は世界60カ国で販売され、新世代の薬として広く処方されている。

 そんな大塚製薬が配布した今回のチラシには、こう書かれている。「今回の治験では、既にうつ病治療薬として承認された2つの有効成分を配合したお薬(配合剤)について、うつ病への有効性と安全性を確認します」。

 治験を受けるのに必要な条件は、「現在、抗うつ薬による治療を受けている方」「20歳以上、65歳未満の方」「下記地域の医療機関に通院可能な方」とある。下記地域とは、前出の首都圏内の21自治体のことだ。なお、この治験の情報は「治験うつ情報サイト」www.utoo.jo でも見ることができる。

抗うつ薬の新しいスタンダードとなるのか

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘