首都圏に“チラシ投函”で大キャンペーン!? 抗うつ薬治験の新たな試み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
drugtest.jpg

治療の新しい標準を作り出す可能性も……cozyta/PIXTA(ピクスタ)

 「うつ病にお悩みの方、新しいお薬の治験にご参加ください」――。先日、首都圏の市街地を中心に、新聞やポストにこんなチラシが配布されていた。

 気づいた方も多かったのではないだろうか。黄色を基調に、迷路の中でデフォルメされた白い人がしゃがみこんで涙を流しているイラスト。治験の対象者をチラシで大々的に募ることはこれまで聞いたことがなかったため、一目をひいた。

 うつ病に悩んでいる人のなかには、「どこから自分の病のことを知ったのか……」と、ドキリとした人もいたかもしれない。そんな懸念をぬぐうためか、下段には、「このチラシは個人を特定せずに、上記の記載エリアおよびその近隣エリアに配布しています」と書かれている。記載エリアとは、東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬の計21自治体のことだ。

2つの有効成分を配合した薬の有効性と安全性を確認

 このチラシを作成・配布したのは、大塚製薬株式会社。「ポカリスエット」や「カロリーメイト」などで知られる同社だが、実は精神科の薬でも大きなシェアを持っている。特に、統合失調症などで使われる抗精神病薬「エビリファイ」は世界60カ国で販売され、新世代の薬として広く処方されている。

 そんな大塚製薬が配布した今回のチラシには、こう書かれている。「今回の治験では、既にうつ病治療薬として承認された2つの有効成分を配合したお薬(配合剤)について、うつ病への有効性と安全性を確認します」。

 治験を受けるのに必要な条件は、「現在、抗うつ薬による治療を受けている方」「20歳以上、65歳未満の方」「下記地域の医療機関に通院可能な方」とある。下記地域とは、前出の首都圏内の21自治体のことだ。なお、この治験の情報は「治験うつ情報サイト」www.utoo.jo でも見ることができる。

抗うつ薬の新しいスタンダードとなるのか

若年性更年期障害を発症しても妊娠できる!? 大切なのは卵巣機能低下の予防法を知ること
インタビュー「若年性更年期障害」第3回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

第1回:まさか20〜30代で更年期障害!?
第2回:20〜30代の「更年期障害」の治療法は?
更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる「若年性更年期障害」の患者も増えている。

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫