「処方薬」の記事一覧

貯金が生死を分ける!? 保険は当てにならない「がん≠致死の病」時代

かつて、がんと言われたら「余命何か月ですか?」と聞き返す、がんが致死の病だった時代もあった。しかし現在がんにかかっても早期発見、早期治療により、がんを押さえこんで、生きていける時代になった。 全国がん(成人病)センター協議会(全がん協)の5年相対生存率を見ると、前立腺が…続きを読む

貯金が生死を分ける!? 保険は当てにならない「がん≠致死の病」時代

処方薬なら市販薬の3分の1の値段で入手できる!過剰処方の「名医」を悪用する患者たち

処方薬が次々とOTC医薬品(市販薬)に切り替わっている。今年6月12日からは改正薬事法が施行され、市販薬のうち99・8%がネット販売解禁となり、風邪や軽度の皮膚炎はネット注文の「ポチ」ひとつで完治が可能となった。 存在感が薄れつつある地域の開業医だが、肥満をはじめとする…続きを読む

処方薬なら市販薬の3分の1の値段で入手できる!過剰処方の「名医」を悪用する患者たち
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇