「処方薬」の記事一覧

薬を常用しすぎると薬の効果が減少してしまうのは本当!?

「最初は薬の効果がはっきりと出ていたのに、毎日飲んでいたらだんだん効かなくなった」「以前は1錠で十分だったが、今は2錠飲まないと効かない」という経験を持つ人は少なくない。 このように、同じ薬を飲み続けることにより、体に抵抗性ができ、薬の効果が低くなることを耐性と呼ぶ。同様…続きを読む

薬を常用しすぎると薬の効果が減少してしまうのは本当!?

鎮痛薬を処方されると、なぜ胃薬がセットになることが多いのか?

●医師が間違えたのか? 多く薬を出して儲けてやろうという悪巧みか? 腰が痛い、膝が痛い、頭が痛い......。ヒトの日常に痛みはつきもの。時として耐え難い痛みで病院に駆け込む例も少なくないはず。そこで医師から「痛み止めのお薬を出しておきますね」と言われて、実際、処方され…続きを読む

鎮痛薬を処方されると、なぜ胃薬がセットになることが多いのか?

日本人は「薬に頼りすぎ」で「副作用」に無頓着! 病院でも「病院では薬ありき」の診療が

「日本人は薬に頼りすぎ」といわれるが、その理由のひとつに、国民全員が平等に医療を受けられる国民皆保険制度がある。医療費負担が少なく、必要なときに必要な医療にアクセスできるこのシステムは、世界的に見てかなり素晴らしいものだ。だが、この利便性の高さが、「少しでも体調を崩したら病…続きを読む

日本人は「薬に頼りすぎ」で「副作用」に無頓着! 病院でも「病院では薬ありき」の診療が
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆