「処方薬」の記事一覧

インフルエンザの予防接種をすべきか否か? ワクチンの副作用リスクを考える

今年もインフルエンザの季節がやって来た。学校や勤務先から、インフルエンザ流行前にワクチン(予防接種)を受けるよう促され、半ば義務感から、あるいは、あまり深く考えることなく接種したり、子供に受けさせたりしている人もいるだろう。 だが、「ワクチンさえ打てば大丈夫」という考え…続きを読む

インフルエンザの予防接種をすべきか否か? ワクチンの副作用リスクを考える

重大な副作用を防ぐ薬処方の「禁忌」と「原則禁忌」! 医師も意識が薄れ曖昧に?

医薬品に関する「禁忌」という言葉は、医薬品の添付文書に記載されている用語だ。添付文書とは、簡単にいえば医薬品に関する医療従事者向けの取扱説明書のようなもので、そのほぼ冒頭部分に記載されているのが「禁忌」という項目だ。 医薬品の場合、時として死に至る、あるいは発症したらか…続きを読む

重大な副作用を防ぐ薬処方の「禁忌」と「原則禁忌」! 医師も意識が薄れ曖昧に?

「エボラ出血熱」で日本の薬が救世主に? 富士フイルムが開発したインフルエンザ治療薬「アビガン」に注目

西アフリカでのエボラ出血熱の大流行はまったく衰えを見せない。世界保健機関(WHO)によると、疑い例も含めると5千人近くが感染し、2400人を超える人々が死亡した。 現在、開発中のエボラウイルスの治療薬やワクチンは複数種類あり、既に患者に投与された治療薬としては、アメリカ…続きを読む

「エボラ出血熱」で日本の薬が救世主に? 富士フイルムが開発したインフルエンザ治療薬「アビガン」に注目
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫