避妊薬「ピル」に副作用!? 「抗うつ薬」が必要になる悪影響? 15〜19歳では8割が服用の報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
205015375.jpg

ピルと一緒に抗うつ薬も?(shutterstock.com)

 今年9月、デンマークの研究チームが、ピルに関する「ある新しい報告」をオンラインで発表した。その報告を目にした世界中の女性からは、「やっぱり……」「それって今どきの常識?」といった多くの声が、またたくまに寄せられた。

 コペンハーゲン大学の研究チームが発表した、その報告は「経口避妊薬ピル」と「うつ病」の関係性についてである。

 デンマーク国内の女性100万人以上(15〜34歳)を対象とした大規模な調査の結果、エストロゲン・プロゲスチン(合成黄体ホルモン)複合ピルを飲んでいる女性は、ピルを飲んでいない女性よりも23%高い確率で、抗うつ薬も飲んでいることが判明。

 さらに、プロゲスチンのみの単体ピルを服薬している女性は34%と、より高い確率が出た。

 この報告に対し、世界中の女性たちから共感と体験談が寄せられた。

 たとえば、「ピルを服薬していた10年間、深刻なうつ病に苦しんだ」「深い落ち込みを経験し、ピルの影響ではないかと主治医に尋ねたが一蹴された」「3カ月前にピルをやめるまで重度のうつ病と自殺念慮に苦しめられた」……。

 その一方で、「ピルを飲んでから、うつ病が改善した」という逆の意見もあった。

 これについて、同チームの研究者のひとりで産婦人科のオイヴィン・リーデゴー医師は、BBCのインタビューに対し、「ピルが気分の波に何らかの作用をすることは、これまでの研究ですでにわかっている」と述べている。

脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社p3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆