避妊薬「ピル」に副作用!? 「抗うつ薬」が必要になる悪影響? 15〜19歳では8割が服用の報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
205015375.jpg

ピルと一緒に抗うつ薬も?(shutterstock.com)

 今年9月、デンマークの研究チームが、ピルに関する「ある新しい報告」をオンラインで発表した。その報告を目にした世界中の女性からは、「やっぱり……」「それって今どきの常識?」といった多くの声が、またたくまに寄せられた。

 コペンハーゲン大学の研究チームが発表した、その報告は「経口避妊薬ピル」と「うつ病」の関係性についてである。

 デンマーク国内の女性100万人以上(15〜34歳)を対象とした大規模な調査の結果、エストロゲン・プロゲスチン(合成黄体ホルモン)複合ピルを飲んでいる女性は、ピルを飲んでいない女性よりも23%高い確率で、抗うつ薬も飲んでいることが判明。

 さらに、プロゲスチンのみの単体ピルを服薬している女性は34%と、より高い確率が出た。

 この報告に対し、世界中の女性たちから共感と体験談が寄せられた。

 たとえば、「ピルを服薬していた10年間、深刻なうつ病に苦しんだ」「深い落ち込みを経験し、ピルの影響ではないかと主治医に尋ねたが一蹴された」「3カ月前にピルをやめるまで重度のうつ病と自殺念慮に苦しめられた」……。

 その一方で、「ピルを飲んでから、うつ病が改善した」という逆の意見もあった。

 これについて、同チームの研究者のひとりで産婦人科のオイヴィン・リーデゴー医師は、BBCのインタビューに対し、「ピルが気分の波に何らかの作用をすることは、これまでの研究ですでにわかっている」と述べている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆