「ピップエレキバン」は本当に効く? 磁気の効果は本当か? 副作用はあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
elekiban.jpg

2013年秋の全面リニューアルしたピップエレキバン(画像はピップ株式会社のHPより)

 「80、130、190、M」といえば? そう問われて「ピップエレキバン!」と即答できる方は、それを常備・常用し、出張や帰省時も必携する「ピップ信者」といえるだろう。

 最後に試し貼りしたのはいつだったか、それも思い出せないような向きには、2013年秋の全面リニューアル後の改名も、どこ吹く風の部類だろう。

 ちなみに、冒頭に記した数字は、ピップエレキバンの「磁束密度」の違いを表わす。初心者向けの80ミリテラス(800ガウス)を筆頭に3タイプ+メントール配合(M)の4種類の製品が販売されている。

 長年の基礎研究および臨床試験の成果を踏まえて登場したピップは、薬事法第2条6項に基づき「管理医療機器」の許可を厚生労働省から得て販売された。

 ところが世の中には、この国民的(?)家庭用磁気治療器の効用に対する否定派もいて、1972年の販売開始以降の「効く/効かない」論争はネット時代の今日も続けられている。

 ピップ側もこのての否定意見は無視できないようで、現行CMではスーツ姿で神出鬼没な謎のイケメン男子(エレキバンを美しく見せるためのポージングを日々研究中というキャラらしい)を登用し、半信半疑派の主婦層や子育て中のママたちの取り込みに余念がない。

 ピップのサイト上でもトップページに「疑う人にも磁気は効く!~疑っていた400人の約70%が満足した!~」の文字を躍らせ、自社調査の有意結果を掲げて「改善効果」を謳っている。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆