薬用石鹸に殺菌効果ナシ!? 米国では販売禁止、日本でも「トリクロサン」の実態調査へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10361251.jpg

トリクロサンなどの殺菌成分を有する石鹸が販売禁止(shutterstock.com)

 人一倍潔癖症で清潔志向、「薬用」「殺菌」「抗菌」などの表示があれば疑いもなく買い物カゴに入れて日々の製品補充を欠かさない。そんな方が読めばそれこそ、思わず目と耳を濯ぎたくようなショッキングなニュースが米国から届いた――。

 9月2日、アメリカ食品医薬品局(FDA)が、19種類(トリクロサン、トリクロカルバン他)の殺菌成分を含有する石鹸などの販売禁止を発表したのだ。

 なかでも「トリクロサン」は薬用石鹸などの医薬部外品や化粧品に使用される殺菌剤であり、歯磨き粉やマウスウォッシュにも含まれている。そのため、体内に取り込まれる機会も少なくない。

 FDAによれば、トリクロサンなどを含んで「殺菌効果」などを謳う石鹸はその実、通常の石鹸と比べても「優れている」とは認めがたく、むしろ免疫系に打撃(悪影響)を及ぼしかねないという。これまで「薬用」や「殺菌」で選んできた人にとっては、驚愕報だろう。

免疫力まで洗い流していたとは……

 免疫力が低下すれば感染症のリスクが増加し、腸内細菌叢の変化も生じ、耐性菌の増殖もまぬがれない。さらに環境ホルモンへの影響が指摘されるに至って、すでにヨーロッパでは、昨年からトリクロサンを含む製品は販売中止になっている。

 一方、日本でのトリクロサン扱いはどうかといえば、その「抗菌効果」を厚生労働省が認めている物質であり、一定の濃度が含有されていれば「消毒」や「殺菌」をラベルで謳うことが許されてきた。

 当サイトでは、初夏の掲載記事「洗い流さない「手の除菌剤」は安全か? 尿から想定以上の「殺菌成分の濃度」が!?」で、FDAが除菌剤や関連商品の製造元に対して「安全性の確認データ」を追加要請しているという流れを紹介した。

 直接のきっかけは、最新の研究で除菌剤消費者の尿中から「想定よりも高めの殺菌成分濃度」が検出され、それを懸念する専門家筋の独立諮問委員会から勧告を受けたからだった。

 その時点でのFAD見解としては、今回の要請が対象製品らの「無効性」や「危険性」を勘ぐってのものではないという釈明付きだった。ところが薬用石鹸については、その両面が指弾されての販売中止措置に急転直下したのだ。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇