薬が効かない「スーパー耐性菌」が爆発的に増加!原因はインドでの抗生物質の乱用?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kouseibushitsu.jpg

多用することで、抗生物質の有効性がなくなりつつある

 病院で医師が処方してくれる抗生物質。下痢や発熱、炎症などさまざまな症状で使われ、一度もお世話になったことがない人はほぼいないだろう。世界初の抗生物質「ペニシリン」が発明されたのは1928年。感染症で亡くなる人は激減し、人類を救った抗生物質は「20世紀最大の発明の一つ」と称される。

 しかし近年、抗生物質が効きにくい「耐性菌」が増え続け、それに対する危機意識が世界的に高まっている。耐性菌が増える主な原因は、抗生物質の使い過ぎだ。アメリカのプリンストン大学が7月に発表した研究「抗生物質消費の世界的傾向」によれば、世界の抗生物質の使用量は2000年からの10年間で36%増えている。そして世界最大の消費国は、62%増のインドだ。

 インドの製薬業界は、124億ドル(約1.3兆円)規模で世界の抗生物質の約3分の1を製造しているという。人々は抗生物質を多用しているため、多くの細菌が抗生物質に対する免疫を獲得し、最終手段の強力な抗生物質さえも有効でなくなりつつある。治療のために薬剤を開発することで、多くの疾病の治療がより困難になるという本末転倒が起きているのだ。

●インドで量産されるスーパー耐性菌

 インド人の抗生物質信仰は強く、安静にしているだけで治るような軽い病気でも、すぐに治そうと抗生物質を常用する人々が中間所得層に増えている。患者からプレッシャーを受けた医師は、抗生物質が効かない病気にも処方してしまうケースが少なくない。

 医師の処方箋がなくても、街の薬局で強力な抗生物質が購入できてしまう状況も問題だ。インド政府は昨年、46種類の強力な抗生物質について処方箋なしでの販売を禁止したが、それでも実態としては依然販売は続けられている。

 人口12億人のインドで、このように手軽に抗生物質が入手できる事実が、耐性菌を爆発的に増やし、地球規模の問題をもたらしていると専門家は指摘する。10年、ニューデリーで最も強力な抗生物質でも効かない新型のスーパー耐性菌「NDM-1(ニューデリー・メタロベータラクタマーゼ1)」が発見されたときには、世界中に戦慄が走った。

 インド政府は抗生物質の製造・販売をチェックし、処方箋の記録を付け、ガイドラインを出すなどの対策を取っているものの、人々の意識が変わるまでは時間がかかりそうだ。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔