抗菌剤入り歯磨き粉を使い続けると健康被害!?歯磨き粉を変えても歯ブラシに残存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯ブラシに染み込んだ禁止抗菌剤「トリクロンサン」で健康被害!?の画像1

歯磨き粉に含まれる抗菌剤「トリクロンサン」に健康・環境被害が(depositphotos.com)

 それらの成分が感染症予防に役立つような「抗菌作用を有する」という科学的根拠を、残念ながら我々は持っていない――。
 
 昨秋(2016年)の9月初旬、米国食品医薬品局(FDA)はそう発表し、19種類の抗菌成分が含まれる石鹸などの販売を禁止した。

 指定対象は、医薬部外品の薬用石鹸を筆頭に、練り歯磨きや食器用洗剤、抗菌ジェルやウェットティッシュ、化粧品から脱臭剤まで、私たちの暮らしでおなじみのものばかり。

 病原性大腸菌O157が席捲した1990年代から一心に耳目を集めた「抗菌剤」の見直しを迫るFDAの英断だったが、なかでも「トリクロンサン(Triclosan)」と呼ばれる成分については、長期的曝露による健康への悪影響の可能性が示唆されていた。

トリクロサンが歯ブラシ上に蓄積し持続的な曝露につながる

 その発表から1年以上が過ぎた先月、件のトリクロサンをめぐる新たな研究結果が『Environmental Science & Technology』(10月25日オンライン版)に掲載された。

 米マサチューセッツ大学教授のBaoshan Xing氏らが実施した模擬実験によれば、(前掲・販売禁止の)規制対象外のである歯磨き粉に含まれるトリクロサンが歯ブラシ上に蓄積し、結果、持続的な曝露につながる可能性が認められたという。

 そもそもトリクロサンは、経口・皮膚を経由して容易に体内に浸透する性質を有し、過去のミシガン大学の実験でも90人中37人(41%)の尿や血液、鼻水や母乳などからもトリクロサンが検出されている。

 しかも「歯磨き粉+歯ブラシ」の組み合わせといえばそれこそ毎朝、人によっては食事の度に愛用している習慣商品。歯の健康を保つために欠かさない日常行為が、悪玉の長期的曝露にもつながるとは、なんともショックな新知見ではないか。

 もっともトリクロサンが歯磨き粉製品への使用を認められている背景には別の理由があって、件の成分に関しては「歯肉炎や歯垢、虫歯の予防効果がある」との先行報告もあり、一概に悪玉呼ばわりもできない点が複雑といえば複雑だ。

アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも
インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第1回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。この不可解なアトピー性皮膚炎の原因として、患者やその家族の心の問題にいち早く着目し、治療に取り入れているのが須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)だ。皮膚の症状と心の問題はどのように関係するのか? 普段の生活でどのような注意をしたらいいのか? 須階医師に話を聞いた。

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志