連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第41回

自殺目的で「硫酸」を飲むと悲惨な結末に! 「アシッド(酸)アタック」は今でも世界中で頻発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自殺のために「硫酸」を飲むと悲惨な結末に!「アシッド(酸)アタック」は世界中で今でも頻発の画像1

硫酸は犯罪だけでなく自殺にも使われることが(depositphotos.com)

 2017年9月、過去に3人の男性に襲われ、顔面に「硫酸」をかけられ重傷を負った19歳のインド人女性が、ニューヨークで開催されたファッションショーに出演して注目を集めた。彼女は同じような被害にあった女性たちを勇気づけるためにステージに立ったとのことで、「大変幸せだった。美しさは単に外見だけではない。」とのコメントを残し、世界中に感銘を与えた。

硫酸をはじめとする「アシッド(酸)アタック」は世界中で頻発している

 

 毎年「アシッド(酸)アタック」による被害者は、世界中で1500人以上に達している。特にインドやパキスタンをはじめとするアジア諸国、アフリカ、中南米諸国で多数認められる。

 2014年、コロンビアでは、33歳の美しいファッションモデルが、男性ストーカーに日常から付きまとわれ、ある日、自宅前で、突然、硫酸を顔など全身に浴びせられた。事件後、彼女は、公に姿を見せることができなくなり、ファッションの仕事も辞めざるを得なくなった。一瞬にして彼女の輝かしい人生は、奈落の底に突き落とされたのだ。その後16回にわたる顔面の手術が繰り返され、現在も硫酸を浴びた痕跡が身体の4分の1に残っているとのことである。

 我が国でも2015年4月に、群馬県で硫酸による連続傷害事件が発生した。44歳女性が、買い物途中に、突然、足の痛みを感じた。その1時間後には23歳の女性のストッキングが溶けており、足の痛みを訴え警察に通報した。その後の鑑定の結果、これらの犯罪には硫酸が用いられたことが判明した。

 また殺人犯が証拠隠滅を図るために、硫酸を用いる事件も発生している――。1965年、東京都で28歳の技師が、35歳の同僚を口論の末に金槌で全身を殴打して殺害後、硫酸を満たした樽の中に死体を入れて溶解させようとした。後に樽の底に人骨の一部が発見され犯罪が発覚した。

自殺のために「硫酸」を飲むと悲惨な結末をたどることになる

 25年ほど前に私が経験した症例を報告しよう――。50歳代の男性が、薬店で購入した硫酸を約120mL飲んで自殺企図した。約2時間後に家族が意識混濁し、吐血しているところを発見し、救急車を要請した。病院に搬送されたときは、意識消失、吐血、血圧低下、不整脈を呈していた。直ちに集中治療室に収容して、補助機械呼吸を開始した。下血も認め、2日後には肺炎を、その後、肝臓、腎臓などの機能が次第に低下し、搬送後4日目には多臓器不全に陥った。その翌日、意識が回復することなく鬼籍に入った。

 また中国では23歳の男性が、友人との飲酒後、帰宅したが、まだ飲み足りないとして父親に酒を要求した。父親は誤って硫酸入りの瓶を渡した。結局、彼は約150mLの硫酸を飲んだ。その後、激しい腹痛、嘔吐を訴え、病院に搬送された。検査の結果、胃穿孔を認め、腹膜炎を併発していることが判明。緊急手術が行われ、一命をとりとめたが、胃の大部分の切除を余儀なくされた事件が報道された。

横山隆(よこやま・たかし)

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。
1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長などをへて現職。
専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。
所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。

横山隆の記事一覧

横山隆
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇