「漢方の大噓」の大ウソ! 漢方薬の副作用で誤解?「副作用がない」と誰が言った!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6648822_s-2015.jpg

漢方に「副作用がない」なんて誰が言った!?(depositphotos.com)

 最近ではドラッグストアにもさまざまな種類の漢方薬が並ぶようになり、手軽に買えるようになった。商品名が「ナイシトール」「コッコアポ」「チクナイン」といったカタカナの医薬品も、主な成分は漢方薬だ。漢方薬の認知度が上がり、使用者も増えているはずだろう。

 だが、その一方で、「漢方薬には副作用がない」「効き目が穏やか」「体質を改善する」といった誤解が流布している。

 誰がこのようなことを言い始めたのだろうか? 漢方の専門家に取材する機会がたびたびあったが、誰一人、こうしたことを口にはしなかった。体質に合えば鋭い効き目を発揮する。
 
 体質に合わなければ効かないどころか、副作用が現れることがある……。ほとんどの専門家がこう話していた。

メディアが誤解を流布してきた

 最近「漢方の大噓」というような刺激的なタイトルで、漢方薬の副作用を大々的に取り上げる雑誌があった。その中吊り広告を見て、「漢方薬に副作用があるなんて、だまされた気分だ」と思った人がいたら、ぜひお伝えしたい。

 大噓の責任は、「漢方薬そのもの」ではなく、「誤解を振りまいてきたメディア」だと――。

 また、「漢方薬を使用して体調は改善しているのに、今回の記事で副作用が心配になった」と思った人がいたら、それは非常に喜ばしいことだと考える。漢方薬に限らず、西洋医学の合成医薬品やサプリメント、健康食品などすべてにおいて、副作用には十分注意したほうがいいからだ。

外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真