「薄毛」は隠すべきか諦めるべきか……「気にしない」が一番かもしれない理由が判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
24112705.jpg

「抜け毛」が増えるシーズンに freeangle/PIXTA(ピクスタ)

 秋は一年のうちでも「抜け毛」が最も多いシーズンだ。近ごろ薄毛が気になってきた人には、洗髪やヘアセットで鏡を見る時間が憂鬱なことだろう。

 2013年にかつらメーカーが行った調査によると、「脱毛が進行している」と感じる人は日本国内で推定約4200万人。日本人の成人の人口は約9800万人だから、2人に1人は薄くなっていく毛に悩んでいるようだ。

 薄毛の原因としては、食生活やホルモンバランス、間違ったヘアケア、喫煙、紫外線、冷えなど、さまざまなことが考えられる。

 現代社会では、特にストレスの影響が大きいと考えられている。ところが実は、<ストレスと薄毛>の因果関係や詳しいメカニズムは明らかにされていなかった。

 しかし先月、ストレスが毛髪や頭皮に悪影響を与えることを裏付ける研究データが発表されて注目を集めている。

薄毛の人は血液や唾液に「ストレス物質」

 発表したのは、化粧品メーカーの株式会社マンダム。医療法人社団Xanaduあやこいとうクリニック院長・伊藤史子医師との共同研究による「日本人男性の頭皮状態とストレスの関係についての研究報告」だ。

 同社はこれまで、30代~40代の薄毛傾向にある男性は同年代の男性と比べると頭皮が硬いことを明らかにし、硬い頭皮をやわらかくするための成分を開発してきた。

 今回の研究は、30代~40代の男性24人を対象に行われた。まず、ストレスに反応して分泌されるストレスホルモンの一種「コルチゾール」と毛髪の関係を調べた。すると、唾液中のコルチゾール濃度が高い人ほど、後頭部の毛の直径が細いことが分かった。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆