VR(仮想現実)による「失禁体験」の装置が話題に! 宇宙での排尿訓練に活用されるか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_urinary000.jpg

開発者は「若い人たちにも高齢者と同じ体験を」(shutterstock.com)

 まるで現実のように作られた仮想映像の中に飛び込んだり、仮想空間に潜入して現実にはない感覚を体感できるVR。その映像が、エンタメ、モノづくり、教育、医療などの分野にどんどん広がっている。近未来、VR、AR(拡張現実)、3次元CGが合体し、あらゆる産業分野を進化させていくかもしれない。

 そしてついに、高齢者にとっては大きな悩みの一つである「尿失禁」を、VRの技術で体験できる装置が話題になり評価されているという――。

失禁時に起こる現象をVRで再現する超リアル感

 niftyニュース(2016年10月14日)によれば、電気通信大学のロボメカ工房VR部隊「失禁研究会」が開発した失禁体験VR装置が、経済産業省のイベント「Innovative Technologies2016」で栄えある特別賞(human賞)を受賞した。

 失禁体験VR装置とは何か? 研究会によると、失禁体験VR装置は、腹巻き型デバイス、椅子型のデバイス、ネッククッションで構成され、膀胱の圧迫、排尿の暖かさ、体温低下などの失禁時に起こる現象をリアルに再現するVRツールだ。

 電気通信大学は、名実ともに失禁VRのパイオニアとして世界的に名を馳せるが、当初は「若い人たちに高齢者と同じ体験をしてほしい」という願いを込めて学園祭イベント向けに開発したものだ。

 その後、教育や医療への応用を目ざして研究がにわかに加熱。IVRC(国際学生対抗VRコンテスト)で堂々の総合3位。日本科学未来館で開催されたDCEXPO2016や、ニコニコ超会議2016の実演デモでも高い再現性が評価を受け、大いに気を吐いて来た。

 経済産業省の「Innovative Technologies2016」は、ユニークで卓越したコンテンツ技術の発掘が目的だ。選考委は「宇宙空間での排尿は大変な作業。宇宙旅行の時代が来れば、失禁VR体験や訓練が必要となるのではないか」と失禁体験VR装置のポテンシャリティに熱い視線を注いでいる。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志