VR(仮想現実)による「失禁体験」の装置が話題に! 宇宙での排尿訓練に活用されるか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_urinary000.jpg

開発者は「若い人たちにも高齢者と同じ体験を」(shutterstock.com)

 まるで現実のように作られた仮想映像の中に飛び込んだり、仮想空間に潜入して現実にはない感覚を体感できるVR。その映像が、エンタメ、モノづくり、教育、医療などの分野にどんどん広がっている。近未来、VR、AR(拡張現実)、3次元CGが合体し、あらゆる産業分野を進化させていくかもしれない。

 そしてついに、高齢者にとっては大きな悩みの一つである「尿失禁」を、VRの技術で体験できる装置が話題になり評価されているという――。

失禁時に起こる現象をVRで再現する超リアル感

 niftyニュース(2016年10月14日)によれば、電気通信大学のロボメカ工房VR部隊「失禁研究会」が開発した失禁体験VR装置が、経済産業省のイベント「Innovative Technologies2016」で栄えある特別賞(human賞)を受賞した。

 失禁体験VR装置とは何か? 研究会によると、失禁体験VR装置は、腹巻き型デバイス、椅子型のデバイス、ネッククッションで構成され、膀胱の圧迫、排尿の暖かさ、体温低下などの失禁時に起こる現象をリアルに再現するVRツールだ。

 電気通信大学は、名実ともに失禁VRのパイオニアとして世界的に名を馳せるが、当初は「若い人たちに高齢者と同じ体験をしてほしい」という願いを込めて学園祭イベント向けに開発したものだ。

 その後、教育や医療への応用を目ざして研究がにわかに加熱。IVRC(国際学生対抗VRコンテスト)で堂々の総合3位。日本科学未来館で開催されたDCEXPO2016や、ニコニコ超会議2016の実演デモでも高い再現性が評価を受け、大いに気を吐いて来た。

 経済産業省の「Innovative Technologies2016」は、ユニークで卓越したコンテンツ技術の発掘が目的だ。選考委は「宇宙空間での排尿は大変な作業。宇宙旅行の時代が来れば、失禁VR体験や訓練が必要となるのではないか」と失禁体験VR装置のポテンシャリティに熱い視線を注いでいる。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真