スポーツで勝つには「死の恐怖」をコントロール~「死を意識」すれば勝利できるを実証!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
30464807.jpg

常に大切なのは「メメント・モリ(死ぬことを忘れるな)」という教え(shutterstock.com)

 アリゾナ大学のコリン・ゼストコット教授とジェフ・グリーンバーグ教授らの心理学研究グループは、「人間は死を意識するとパフォーマンスがアップする」という研究成果をスポーツ心理学の学術誌『Journal of Sport and Exercise Psychology』(2016年11月8日)に発表した。

 研究によれば、バスケットボールの試合前に「いずれは誰もが死を迎えること」をほのめかされた選手は、そうでない選手よりもシュートの成功率が高まり、多得点を稼いだ。死をほのめかされると、強いモチベーションが働くので、能力をより発揮できたのだ。

 スポーツだけでなく、ビジネスや日常生活などのシーンでも応用できる可能性があるという。

死を意識するとパフォーマンスが一気にアップ

 実験はどのように進められたのか?

 研究チームは実験に先立ち、バスケットボールの選手を集め、ゼストコット教授と1対1の試合を2回続けた。1回目の試合後、被験者をランダムに2つに分け、アンケートを実施。半数は「試合の感想」を書かせ、半数は「自らの死についてどう考えているか」を書かせた。

 その結果、「死に関するアンケートに答えた被験者」は、「試合の感想を答えた被験者」よりも、2回目の試合でのパフォーマンスが40%もアップしていた。一方、「試合の感想を答えた被験者」は、1回目と2回目の試合でパフォーマンスに特に変化はなかった。

 2つ目の実験は、1分間にどれだけで多くのシュートが打てるかを競うゲームを実施。被験者はコイントスで2つのグループに分けられ、それぞれ30秒の個人指導とルールの説明を受けた。

 半数は普通のT シャツの研究者が指導し、半数は「death」の文字と頭蓋骨をデザインしたTシャツを着た研究者が指導した。

 その結果、「death」の文字と頭蓋骨をデザインしたTシャツを着た研究者に指導を受けた被験者は、別の研究者に指導を受けた被験者よりもシュートの成功率がおよそ30%も高かった。

 ゼストコット教授は、「死をほのめかされると、その恐怖に対処する必要性が生じることから、ワークやチャレンジにより熱心に取り組むことが確認できた。さらに研究を重ねれば、死の恐怖を活用した新たなメソッドが開拓できるかもしれない」と期待している。

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆