飲食店の建物内禁煙の後退は愛煙家の決断を鈍らせる~<家族愛>が禁煙の成功を3倍に

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8698953.jpg我が子の一声が禁煙を成功に……(depositphotos.com)

 愛煙家の肩身がますます狭い。政府は2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、「受動喫煙」の防止対策強化を検討し、厚生労働省は飲食店の原則建物内禁煙を目指している。

 ところが、飲食店業界の反対を受けて、厚生労働省は小規模店を例外にする後退案で調整している模様だ。自宅でも暗いベランダや庭先で家族の目を盗むように一服している愛煙家にとって、禁煙エリアの包囲網拡大の行方は気になる話だろう。

 後退したとはいえ、<飲食店の原則建物内禁煙>は「禁煙したほうが楽かもしれない」と思っていた愛煙家を決断させるきっかけとなるかもしれない。この行方には、注視したいところだ。

 多くの人は、タバコを断つにはまず強い決意がいる。ところが、喫煙は立派な依存症だ。単なる意志の弱さだけでは責められない。そして、本気で禁煙にトライするのならば、一人密かに始めるのではなく、家族と文字通り「一緒に」始めることをオススメする。成功率がアップするからだ。

 この調査結果が昨年12月、医学誌『The Journal of Pediatrics』(オンライン版)に掲載された。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘