飲食店の建物内禁煙の後退は愛煙家の決断を鈍らせる~<家族愛>が禁煙の成功を3倍に

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8698953.jpg我が子の一声が禁煙を成功に……(depositphotos.com)

 愛煙家の肩身がますます狭い。政府は2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、「受動喫煙」の防止対策強化を検討し、厚生労働省は飲食店の原則建物内禁煙を目指している。

 ところが、飲食店業界の反対を受けて、厚生労働省は小規模店を例外にする後退案で調整している模様だ。自宅でも暗いベランダや庭先で家族の目を盗むように一服している愛煙家にとって、禁煙エリアの包囲網拡大の行方は気になる話だろう。

 後退したとはいえ、<飲食店の原則建物内禁煙>は「禁煙したほうが楽かもしれない」と思っていた愛煙家を決断させるきっかけとなるかもしれない。この行方には、注視したいところだ。

 多くの人は、タバコを断つにはまず強い決意がいる。ところが、喫煙は立派な依存症だ。単なる意志の弱さだけでは責められない。そして、本気で禁煙にトライするのならば、一人密かに始めるのではなく、家族と文字通り「一緒に」始めることをオススメする。成功率がアップするからだ。

 この調査結果が昨年12月、医学誌『The Journal of Pediatrics』(オンライン版)に掲載された。

自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛