飲食店の建物内禁煙の後退は愛煙家の決断を鈍らせる~<家族愛>が禁煙の成功を3倍に

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8698953.jpg我が子の一声が禁煙を成功に……(depositphotos.com)

 愛煙家の肩身がますます狭い。政府は2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、「受動喫煙」の防止対策強化を検討し、厚生労働省は飲食店の原則建物内禁煙を目指している。

 ところが、飲食店業界の反対を受けて、厚生労働省は小規模店を例外にする後退案で調整している模様だ。自宅でも暗いベランダや庭先で家族の目を盗むように一服している愛煙家にとって、禁煙エリアの包囲網拡大の行方は気になる話だろう。

 後退したとはいえ、<飲食店の原則建物内禁煙>は「禁煙したほうが楽かもしれない」と思っていた愛煙家を決断させるきっかけとなるかもしれない。この行方には、注視したいところだ。

 多くの人は、タバコを断つにはまず強い決意がいる。ところが、喫煙は立派な依存症だ。単なる意志の弱さだけでは責められない。そして、本気で禁煙にトライするのならば、一人密かに始めるのではなく、家族と文字通り「一緒に」始めることをオススメする。成功率がアップするからだ。

 この調査結果が昨年12月、医学誌『The Journal of Pediatrics』(オンライン版)に掲載された。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆