「医療機関」の記事一覧

綾野剛が主演のドラマ『コウノドリ』も警鐘を鳴らす、深刻化する産科医不足!

この秋からリアルな産科医療の現場を描くテレビ金曜ドラマ『コウノドリ 命についてのすべてのこと』がTBS系で放映中だ。原作は鈴ノ木ユウ氏の漫画で、産婦人科医でジャズピアニストの主人公を綾野剛が演じる。 ドラマでは、切迫流産や人工妊娠中絶のほか、深刻化する産科医不足の危機的…続きを読む

綾野剛が主演のドラマ『コウノドリ』も警鐘を鳴らす、深刻化する産科医不足!

医師と僧侶が協働して「スピリチュアルペイン」に取り組む「西本願寺医師の会」の試み

「日本の医療現場に仏教の視点を取り入れよう」――。浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺、京都市下京区)の呼びかけで、今年2月8日に「西本願寺医師の会」が発足された。 僧侶や門徒である医師たちが中心となり、患者が直面する生死の苦悩、いわゆる「スピリチュアルペイン」に対応し、患者…続きを読む

医師と僧侶が協働して「スピリチュアルペイン」に取り組む「西本願寺医師の会」の試み

お金が無くて病院に行けない! 無料低額診療事業を利用する生活困難者が急増!?

アベノミクスは本当に成果を上げているのか?ここに驚くべき一つのデータがある。生活困難者の医療費を減免する「無料低額診療事業」の実施医療機関が急増し、利用者も年間で延べ700万人を超え、ここ数年間で100万人以上も増えているのだ。 50代の男性Fさんは、ある会社の冷凍庫内…続きを読む

お金が無くて病院に行けない! 無料低額診療事業を利用する生活困難者が急増!?
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛