「医療機関」の記事一覧

「未病」対策と栄養士の活用が日本の医療を変える?「未病」患者専門クリニックが開業

東京都中野区鷺宮の閑静な住宅街の一角に昨年、「未病」患者専門クリニック「ホリスティキュアメディカルクリニック」(医療法人淳信会)が開業した。病気の症状はまだ現れていないが、病気に向かいつつある状態の、健康でも病気でもない状態の「未病」患者に対し、最新の栄養学と医学を組み合わ…続きを読む

「未病」対策と栄養士の活用が日本の医療を変える?「未病」患者専門クリニックが開業

医療システムの閉塞状態を打ち破るハイパー集合知「週末ハッカソン」とは?

閉ざされた世界である医療の世界にオープンイノベーションを興すにはどのようにすれば良いだろうか? ひとつの意欲的な試みとしてハッカソン(hackathon)の活用がある。ハッカソンとは、物事をよりよく改善するという「ハック」とマラソンの「ソン」を合わせた造語で、ITの業界…続きを読む

医療システムの閉塞状態を打ち破るハイパー集合知「週末ハッカソン」とは?

医療者が踊る、AKB48「恋するフォーチュンクッキー」~「幸運をすべての人間に!」

21府県のがん患者約64万人を追跡調査した「5年後の生存率」が先日、国立がん研究センターなどの研究班から発表された。これは診断から5年後に生きているがん患者の割合が、日本人全体の5年後に比してどれくらいかを示すものだ。 今回は2006~2008年にがんと診断された患者が…続きを読む

医療者が踊る、AKB48「恋するフォーチュンクッキー」~「幸運をすべての人間に!」
アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも
インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第1回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。この不可解なアトピー性皮膚炎の原因として、患者やその家族の心の問題にいち早く着目し、治療に取り入れているのが須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)だ。皮膚の症状と心の問題はどのように関係するのか? 普段の生活でどのような注意をしたらいいのか? 須階医師に話を聞いた。

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘