「未病」対策と栄養士の活用が日本の医療を変える?「未病」患者専門クリニックが開業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_tohsaka.jpg

未病クリニックをプロデュースした登坂正子医師

 東京都中野区鷺宮の閑静な住宅街の一角に昨年、「未病」患者専門クリニック「ホリスティキュアメディカルクリニック」(医療法人淳信会)が開業した。病気の症状はまだ現れていないが、病気に向かいつつある状態の、健康でも病気でもない状態の「未病」患者に対し、最新の栄養学と医学を組み合わせた診断とケアを提供する。

 クリニックに隣接する「ホリスティキュア栄養ケアスタンド」(運営:グリーンハート)にも有害重金属14元素と「必須ミネラル+参考ミネラル」20元素を測定することができる「オリゴスキャン」や、糖化度を測定することができる「AGEs」のチェックなどが用意されている。これらのチェックを元に栄養士から個人個人の栄養バランスに応じた食材・食品・食事メニューの提案やサプリメントのアドバイスを受けることができる。

「未病」患者と向き合うきっかけ

 医療法人を率いる登坂正子医師の専門は循環器内科だが、「未病」患者を対象にするきっかけについて、「随分昔に開業した際、1人目の患者さんがたまたまサプリの健康被害からの不調でした。いろいろなクリニックを回っても原因が分からなく、『最後の頼みだ』と来られました。調べていくうちにそれがサプリの有害金属の被害だとわかったのです」と話す。

「その後、ヨーロッパの学会で『ミネラル療法』をやっている先生と出会い、その方の方法論を日本に持ち帰りたいと思うようになりました。わたしはそもそも西洋医学の医者ですからエビデンスでないものはやりたくないという気持ちがありますが、微量栄養素については非常に大切だと考え、ビタミンとミネラルを基軸にした展開をしようと思うようになりました。毎日の食事をきちんと取り、消化吸収力を高めてあげれば、人間の持っている力をもっと引き出せる。まさに医療の根本に立ち返る気持で進めてきた仕事です」と登坂氏。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔