「未病」対策と栄養士の活用が日本の医療を変える?「未病」患者専門クリニックが開業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_tohsaka.jpg

未病クリニックをプロデュースした登坂正子医師

 東京都中野区鷺宮の閑静な住宅街の一角に昨年、「未病」患者専門クリニック「ホリスティキュアメディカルクリニック」(医療法人淳信会)が開業した。病気の症状はまだ現れていないが、病気に向かいつつある状態の、健康でも病気でもない状態の「未病」患者に対し、最新の栄養学と医学を組み合わせた診断とケアを提供する。

 クリニックに隣接する「ホリスティキュア栄養ケアスタンド」(運営:グリーンハート)にも有害重金属14元素と「必須ミネラル+参考ミネラル」20元素を測定することができる「オリゴスキャン」や、糖化度を測定することができる「AGEs」のチェックなどが用意されている。これらのチェックを元に栄養士から個人個人の栄養バランスに応じた食材・食品・食事メニューの提案やサプリメントのアドバイスを受けることができる。

「未病」患者と向き合うきっかけ

 医療法人を率いる登坂正子医師の専門は循環器内科だが、「未病」患者を対象にするきっかけについて、「随分昔に開業した際、1人目の患者さんがたまたまサプリの健康被害からの不調でした。いろいろなクリニックを回っても原因が分からなく、『最後の頼みだ』と来られました。調べていくうちにそれがサプリの有害金属の被害だとわかったのです」と話す。

「その後、ヨーロッパの学会で『ミネラル療法』をやっている先生と出会い、その方の方法論を日本に持ち帰りたいと思うようになりました。わたしはそもそも西洋医学の医者ですからエビデンスでないものはやりたくないという気持ちがありますが、微量栄養素については非常に大切だと考え、ビタミンとミネラルを基軸にした展開をしようと思うようになりました。毎日の食事をきちんと取り、消化吸収力を高めてあげれば、人間の持っている力をもっと引き出せる。まさに医療の根本に立ち返る気持で進めてきた仕事です」と登坂氏。

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志