「医療機関」の記事一覧

企業との癒着構造が囁かれる日本の「献血界」は国際レベルで失格か!?

先日のNHK杯(GPシリーズ最終戦)で世界歴代最高得点を弾き出し、「もはや異次元!」とまで絶賛されたフィギュアスケート五輪王者の羽生結弦選手(20)。フリーの200点台、合計300点台はいずれも史上初の大快挙。本人も松岡修造氏の取材に「連覇云々よりも(この点数に)僕自身がこ…続きを読む

企業との癒着構造が囁かれる日本の「献血界」は国際レベルで失格か!?

僧侶が普段着のままで患者と語らい死をタブーにしない仏教ホスピスとは?

僧侶が僧衣を脱ぎ普段着のままで、患者と談話室で一緒にパズルを楽しむ――。あそかビハーラ病院(京都府城陽市)では、そんな光景が珍しくない。「終末期の病に苦しむ人々に寄り添いたい」と、2008年に浄土真宗本願寺が単独の取り組みとして開設した独立型緩和ケア病院だ。医療者のチームに…続きを読む

僧侶が普段着のままで患者と語らい死をタブーにしない仏教ホスピスとは?

世界レベルの医療機関に発展した韓国のサムスン医療院の野望

韓国の医療の特徴とは何であろうか? その特徴は「産業的」医療であるという点に尽きる。 韓国政府は1980年代前半まで、経済成長を優先させ、その余った税金を社会保障にあてるという、いわば救済策のような政策しか講じてこなかった。1961年に公務員年金と生活保護、1963年に…続きを読む

世界レベルの医療機関に発展した韓国のサムスン医療院の野望
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛