マンガ連載「病院でこんなことがおきている!」第2回

【マンガ連載】病名も教えない、患者の質問に無視&逆ギレ、最低病院&最低医師・ナース・薬剤師のオンパレード!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_anzai001.jpg

こんな医者ばっかりだから病院嫌いになる!

 世の中には「病院嫌い」「医者嫌い」という人がいる。

 理由はそれぞれあるだろうが、医師・ナース・薬剤師など医療関係者の心無い発言や態度に傷つき、「そんな嫌な思いをするくらいなら……」という人もいる。

「そんな病院、一刻も早く替えてください!」

 病名をきちんと伝えない医師は、病状について質問すると逆ギレ&無視! 娘の病気を診断もせずに母親からの遺伝と決めつけるナース、「薬めあての仮病」と疑う薬剤師、子供の口を無理やり開けようとして指を噛まれ頭をひっぱたいた歯科助手!? 挙げ句の果てには、夫のDVで流産した患者が受けた、傷ついた心に塩をすり込むような医師からの心無い暴言……。

 こんな経験をしたらセカンドオピニオンなんて言い出せない。ドクターショッピングも責められないかも、、、、。日本の医療のレベルって本当はどうなの? 

 元ナースで人気漫画化の安斎かなえさんが描く病院で起きている不条理・恐怖・呆然のリアルストーリー第2弾。臨床経験ありの経歴ゆえにリアルでツボをついた笑いには定評がある。シリーズからの傑作選をお楽しみあれ!
 

new_MukatukuSaiteiHospital_01.jpg


   
new_MukatukuSaiteiHospital_02.jpg


 
new_MukatukuSaiteiHospital_03.jpg


 
new_MukatukuSaiteiHospital_04.jpg


難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆