「医療機関」の記事一覧

終末期の緩和ケア病棟に僧侶が常駐 宗教を問わず受け入れる仏教ホスピス

実際の終末期医療の現場で、僧侶はどのように緩和ケア医療に関わるか――。今年2月、僧侶や医師たちが中心となり、患者が直面する生死の苦悩に対応し、患者に寄り添うことを目的とした「西本願寺医師の会」が発足した。 その発足にあたって、同会の事務局が先行例として存知していた病院が…続きを読む

終末期の緩和ケア病棟に僧侶が常駐 宗教を問わず受け入れる仏教ホスピス

世界レベルの医療機関に発展した韓国のサムスン医療院の野望

韓国の医療の特徴とは何であろうか? その特徴は「産業的」医療であるという点に尽きる。 韓国政府は1980年代前半まで、経済成長を優先させ、その余った税金を社会保障にあてるという、いわば救済策のような政策しか講じてこなかった。1961年に公務員年金と生活保護、1963年に…続きを読む

世界レベルの医療機関に発展した韓国のサムスン医療院の野望
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波